調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 韓国におけるW-CDMAの普及状況
Updated: 2006/01/30
Category: 市場分析
Areas: 韓国

韓国におけるW-CDMAの普及状況

韓国の携帯電話事業者3社のうち、SKT、KTFは、3GでW-CDMA方式の免許を取得し、2003年12月からW-CDMAサービスを開始しているが、加入者数は全携帯電話加入者数の1%にも満たない状況が続いている。2005年に入って、SKTとKTFはW-CDMAネットワークへの投資を進めると同時に、安価な料金プランの提供、専用端末の値下げおよび技術改良、国際ローミング地域の拡大など、W-CDMAサービス普及に向けた取り組みを開始した。本稿では、W-CDMAサービスに向けたMIC(韓国情報通信部)や携帯電話事業者の取り組み、および普及における課題についてまとめる。

このレポートを読む