調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 韓国における2GHz帯3Gサービスの展開状況
Updated: 2006/12/07
Category: 市場分析
Areas: 韓国

韓国における2GHz帯3Gサービスの展開状況

韓国では、CDMA方式の3Gサービスの普及率が95.6%と世界でもトップクラスであるが、W-CDMA方式の3Gサービスの普及率は1%にも満たない状況である。
IMT2000準拠のCDMA方式の事業権を取得していたLG TeleComは、2006年7月、これを放棄し、既存周波数帯(1,800MHz)を利用して、CDMA2000 1xEV-DO Revision Aを提供する計画を明らかにした。一方、W-CDMAサービスを開始しているSKTとKTFは、2006年5月から6月にかけてHSDPAサービスを開始し、HSDPA向け料金プラン・専用端末の提供およびプロモーションを強化しているところである。本稿では、韓国携帯電話3社の2GHz帯3Gサービスの展開状況について概観する。

このレポートを読む