調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: インターネット検索エンジン市場の国別研究
Updated: 2007/04/26
Category: コンテンツメディア分野
Areas: 韓国 中国 日本

インターネット検索エンジン市場の国別研究

インターネット検索エンジンに、国家間の対抗意識が目立ち始めた。たとえば日本では今年度から、産学連携で国産検索エンジンを開発する「情報大航海プロジェクト」が始まる。フランスも昨年4 月、同様のプロジェクト「Quaero(クエロ)」を立ち上げた。いずれも世界的な覇権を目指すGoogle を意識した動きだ。今や検索エンジンは、テレビや新聞に匹敵する影響力を持つだけに、それを米国企業に牛耳られることには、各国で危機感が芽生えているのだろう。こうした中で最近、興味深い動きが見られる日本、そして特異な市場環境を有する韓国、中国の検索エンジン市場をケース・スタディする。特に韓国と中国では、地元企業がGoogle を抑えてトップの座を獲得している。各国独特の環境要因を明らかにしながら、彼らの勝因を探る。

このレポートを読む