調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 日本の動画共有とSNSの現状と課題
Updated: 2007/06/21
Category: コンテンツメディア分野
Areas: 米国 日本

日本の動画共有とSNSの現状と課題

日本の動画共有やSNSの中で、個性的なサービス3種類をケース・スタディした。
「ワッチミー!TV」は事実上フジテレビが運営する動画共有サービスだが、著作権侵害の問題で水と油の関係にあるはずのテレビ局と動画共有がどのように合体したかが興味深い。「ClipLife」はNTTが提供する動画共有サービスだが、メディアとしてではなくコミュニケーション・プラットフォームとしての用途を想定している。「グリー」は現在、日本のSNS業界で2番手に位置するが、KDDIと共同で提供する携帯電話向けサービス「EZ GREE」で、トップの座を狙っている。これらを米国のサービスと比較することにより、日本のWeb 2.0の特徴や問題点を洗い出す。

このレポートを読む