調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 韓国のWiBro最新動向
Updated: 2007/07/19
Category: 市場分析
Areas: 韓国

韓国のWiBro最新動向

韓国の通信事業者KTとSKTが2006年6月からWiBroを開始し1年が経過した。国内の利用者数は1万7000人に留まり、その約94%はKTユーザーである。KTは、2007年4月、WiBroのカバレッジをソウル全域に拡大したのを機に、新たな料金プランや新規端末を投入し、マーケティングを強化しているが、SKTに積極的な展開は見られない。
一方、WiBroの技術開発の中心を担ってきたSamsung Electronicsは海外展開を推進し、世界6カ国7事業者とWiBro商用化に関する契約を締結した。海外展開推進のためにも、韓国国内における順調なWiBroの普及が重要となる。
MIC(韓国情報通信部)は、バンドルサービスの規制緩和やMVNOの導入によりWiBroの普及を促進させる構えである。

このレポートを読む