調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 米国、ホワイトスペースの通信利用:規定に改善の余地
Updated: 2009/06/11
Category: 市場分析
Areas: 米国

米国、ホワイトスペースの通信利用:規定に改善の余地

2008年11月4日、米連邦通信委員会は、地上波放送帯域の「ホワイトスペース」の免許不要での利用を許可する裁定を決定した。地方においては放送局が少なく、空き帯域自体は確かに豊富に存在する。そのため、地方など有線によるブロード
バンドが不経済な地域において、ブロードバンドの発展に役立てると見られており、Googleの創業者によって”Wi-Fi on steroids”(強力な802.11)などと形容されるほど期待度が高い。
しかし出力強度などの制約から、長距離の伝播が求められる地方での利用は難しく、またルーラル地域と都市部によって空き帯域が異なるのも現実である。
本レポートは、基本的なホワイトスペース自体の定義と、FCCの規定、ホワイトスペースの利用シナリオにフォーカスする。

このレポートを読む