調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 米国ワイヤレス市場の最新動向 ~CTIA Wireless 2010より~
Updated: 2010/07/21
Category: 市場分析
Areas: 米国

米国ワイヤレス市場の最新動向 ~CTIA Wireless 2010より~

2010年3月23日から25日、米国のワイヤレス業界最大のイベントであるCTIA Wireless 2010(展示会及び講演)がネバダ州ラスベガスで開催された。春に開催されるCTIA Wirelessは、例年、世界125カ国以上から1,200を超える出展と40,000人程度の参加者を集める。しかし、ここ数年は景気後退の影響やApple、Googleといった注目企業が参加してないことも影響し、来場者も出展数も少なめで大きな盛り上がりには至っていないとの印象が否めない。
 一方、FCCによる全米ブロードバンド計画(NBP)発表直後の開催ということもあって、NBPに関する話題が基調講演のトピックの中心を占めていた。特にNBP勧告の1つである無線ブロードバンド周波数割当について、無線業界関係者の関心が高いように見えた。
 本稿では、基調講演および教育セッションで取り上げられたトピックのうち、特に注目すべきテーマについて紹介する。具体的には、モバイルデータおよび無線ブロードバンドの普及、全米ブロードバンド計画、ネットワーク中立性に関する議論、加えて最近の関連動向を取り上げる。

The CTIA Wireless 2010, held from March 23 to 25 held in Las Vegas, Nevada, is the largest show for the American wireless industry, and includes both an exhibition and lectures. In the past year, the CTIA Wireless held in spring featured over 1,200 exhibiting companies and approximately 40,000 participants from more than 125 countries. However, there seemed to be lack excitement in this year’s show, with fewer visitors, and exhibiting companies showing the effects of the economic slowdown in the past few years. This was particularly noticeable with the non-participation of marquee companies such as Apple and Google.
On the other hand, because the trade show was held shortly after the FCC’s announcement of National Broadband Plan(NBP), the topic of NBP was prominent and the subject of the keynote speech. In particular, the allocation of wireless broadband spectrum, which is one of the NBP recommendations, seemed to draw much attention from people in the wireless industry.
This article gives an overview of the notable themes picked up from topics in the keynote speech and the educational session: mobile data and wireless broadband penetration, FCC’s National Broadband Plan, the network neutrality debates, and recent trends in the industry.

このレポートを読む