調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 高速ブロードバンド普及を目指した欧米の「ユニバーサルサービス制度」
Updated: 2011/01/21
Category: 市場環境分野
Areas: 米国 日本 欧州

高速ブロードバンド普及を目指した欧米の「ユニバーサルサービス制度」

 世界各国(超)高速ブロードバンド普及措置として「ユニバーサルサービス制度」の活用が検討されている。EU、米国等では将来の一定時点で高速ブロードバンドへのアクセスを「ユニバーサルサービス」とすると決めた国もあるが、費用負担などの詳細はこれから詰めることとされている。
本稿で紹介するEU、米国等の電話時代と高速ブロードバンド時代の「ユニバーサルサービス制度」は、(超)高速ブロードバンド時代を迎えた我が国の検討に資する。

    “Universal Service System” has also been established in the EU and the US, there are significant differences in purpose, subject of services, and telecommunications carriers eligible for the subsidies that accompany providing these services. In recent years, numerous countries around the world are considering adopting “Universal Service Systems” to help expand super-high-speed broadband services.
    This report outlines the cases of the EU and American “Universal Service Systems”, both in the age of traditional telephone services and in an era of high-speed broadband networks.

このレポートを読む