調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: アラブの春とソーシャルメディア
Updated: 2012/04/26
Category: その他
Areas: 中東

アラブの春とソーシャルメディア

「2010年後半から2011年初頭にかけて中東諸国で発生した「アラブの春」はチュニジアのベン・アリー政権、エジプトのムバラク政権、リビアのカダフィ政権の崩壊の原因となり、北アフリカ及び中東の政治地図を塗り替えることになった。この運動を牽引したのが携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)やTwitter、YouTube Facebookなどのソーシャルメディアを中心とする情報通信サービスあると言われており、これらサービスが政治や世論形成において果たす役割に関して世界中の注目が集まっている。携帯電話やTwitter、YouTube Facebookなどのソーシャルメディアは、個人が発信したメッセージや情報が瞬く間に世界に広げ、反政府運動の「ノウハウ」を北アフリカと中東全域に広める「強力な道具」として機能した。

The Arab Spring, a revolutionary wave of mass demonstrations in the Arab world that happened between the end of 2010 to early 2011 and involved the overthrowing of the political regimes in Tunisia, Egypt and Libya. The movement was fueled by mobile phone and Social Media, such as Twitter, YouTube, and Facebook. The media and researchers are focused on their role to formulate the public opinions and impact to the politics.

このレポートを読む