調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)
Updated: 2019/08/26
Category: 市場分析 サービス プラットフォーム
Areas: 米国

マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)

■目的
D2C(Direct to Consumer)※ において先行する米国市場での課題等を踏まえ、今後の国内D2C市場においても重要となりうるポイントを整理する。
※ オンライン専業かつ直販の事業形態。高品質な商品を低価格で提供 したり、SNSや動画を活用した価値観共有やブランディングが特徴。

■主な動向
 米国では数年前よりD2Cブランドが活況
  ・多くのD2C企業が登場、既存大手が無視できない存在に。
  ・軌道に乗ったD2C企業の次の一手はオフライン強化による顧客体験の場の拡大。
 米大手企業が、提携や買収によりD2C領域へ進出
  ・流通大手やP&G等。 D2Cのビジネス形態や、顧客とのエンゲージメントの取り込み。
 プラットフォーマ(Amazon)もD2Cに着目
  ・AmazonもD2Cブランドと提携したいが、D2CはAmazonに否定的。
  ・多数のECイネーブラがD2Cを支えている。フルフィルメント機能も持ち始めている。
 新しい国内D2Cブランドが立ち上がっているが、まだ規模は限定的
  ・現状、多くの国内D2Cは売上3億未満と推定される。
■今後国内市場においても重要になりうるポイント
 ・顧客体験の場の拡大(自社店舗拡大、流通企業等との提携)
 ・商材を増やし、特定分野のブランド確立
 ・総合ECには依存しない、自立したサイト運営

このレポートを読む