遅ればせながら、Yahoo!ニュース 動画のページに初登場したBBCワールドニュースのストリーミングを朝一で視聴しました。18日からだったようですが、それを知ったのは先週末で、この番組はウィークディ限定なので、今朝まで楽しみに待っていたのです。

ストリーミングは朝7時から午後4時まで。BBCワールドニュースジャパンのプレスリリースによると、「オ ンラインユーザーに向けて特別編成した世界で初めてのニュースサービス」とのこと。

と言っても、ヤフー向けに特別な番組を作っているわけではなく、日本のCS放送などで流れているライブニュース 番組やドキュメンタリーなどを組み合わせているようです。ですから、多分、CS放送で流れているのと同様に、ニュースには日本語同時通訳があり、ドキュメンタリーには日本語字幕が付いています。

今朝は、シリアの紛争地帯で活動するホワイト・ヘルメットという救難ボランティア422人が危険を避けてヨルダンへ移送された、というニュースや、南ア・ヨハネスブルグで乱射事件があり、タクシードライバー11人が殺された、とか、シンガポールで150万人分の医療情報がハッキングされ、その中には首相の分もある、など、ほとんどの日本メディアが報じない興味深いニュースが次々、紹介されていました。

BBCの他社へのオンライン提供。その狙いについて、Hollywood Reporterは「信頼されているBBC World Newsの国際報道が日本最大のオンラインポータルを介して流れることで、相当なオーディエンスの増大が期待できる」というBBC Global NewsのCEOの言を伝えています。

先に述べたように、日本メディアが報じない幅広い国際ニュースを時間限定、ウィークディ限定で、オンラインで紹介することで、7Day24Hourの有料国際放送への関心が高まり、加入者増に繋がる、と読んでいるのかもしれません。

それにしても、ネットニュースサイトでは圧倒的な存在となっているYahoo!ニュース(BBCのプレスリリースでは<月間約 150 億 PV を誇る Yahoo!ニュース>と紹介しています)の動画ページでは、 昨年4月から日テレNEWS24、同10月からTBSニュースバードという二つの有料24時間ニュースがストリーミングで視聴でき、さらにテレ東を除く民放キー局のニュース動画も見られるという充実ぶり。検索して、見比べも可能です。全てのニュースの文字化も行われています。

もう、なんだかテレビをつけて定時ニュースをチェックしなくてもいい感じです。ただただ、その充実ぶりに改めて感心しました。

というのも、当方がまだ宮仕えの頃の2005年に、テレビニュースのネット配信について2本のコラムを書いたことが思い返されたからです。

一つは、NHKや民放キー局のニュース動画の配信について「画質が荒く、アーカイブ機能もなくて商売っ気がなさすぎる」「ニュースをネットでビジネスにすることを考えてもいいはず。できれば全局のニュースが一か所で見られたら嬉しい」と書き、もう一つでは、当時は映像だけだったニュース動画に、文字化した記事をつけてほしい、と提案しました。

その時から13年。後者は完全に実現し、前者は海外メディアまで登場するようになりました。やっとというかようやく、ここまで来たんですね。まあ、ヤフーの一人勝ち状況だけど・・・そのうち、NHKニュースまで飲み込んじゃう?BBCだって公共放送なんですからね。