調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: CDMAよりMCI救済を重視したイラクにおける携帯電話システム選定
Updated: 2003/08/30
Category: 市場分析
Areas: イラク

CDMAよりMCI救済を重視したイラクにおける携帯電話システム選定

イラクにおける携帯電話システムとして最終的にGSMを採用した、という発表が米国の通信事業者及びベンダから相次いで行われた。この選定を巡り、一部のメディアでは、米国(CDMA)対欧州(GSM)という図式で報道されていた。しかし、CDMAの採用を主張した米国のDarrell Issa下院議員に対して、GSMの採用が妥当であるとして反論したGSM AssociationのCEO Robert Conway氏は、かつてMotorolaの要職に就き、CDMAの拡販に尽力してきた人物である。今回のイラクにおける携帯電話システムが最終決定するまでの一連の動向を概観しつつ、GSMの採用を決めた米国の意図について考察する。

このレポートを読む