調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 豪・NZのアクセス分離をめぐる動き
Updated: 2006/09/21
Category: 制度研究
Areas: オーストラリア ニュージーランド

豪・NZのアクセス分離をめぐる動き

オーストラリアとニュージーランドの両国で、ドミナントキャリアの回線ホールセール事業とリテール事業を分離する動きが進んでいる。豪政府は6月下旬、Telstraの運営分離計画「Operational Separation Plan」を承認した。OSPに基づき、Telstraはホールセール顧客および自社のリテール部門に対するサービス品質の同等性の確保、ホールセール顧客情報の保護方法、TelstraのOSP履行状況の監視体制等に関する戦略を策定し、実行する。ニュージーランドでは同時期にTelecom New Zealandが、“自発的に”同社のホールセールとリテールの各事業の分離を進めると発表した。さらにローカルループのアンバンドル義務を盛り込んだ、通信法の改正も始まっている。

このレポートを読む