調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: Web2.0/クラウド・コンピューティングと通信インフラ
Updated: 2006/11/09
Category: コンテンツメディア分野
Areas: 米国

Web2.0/クラウド・コンピューティングと通信インフラ

Web2.0は、ほぼ10年周期で変動するテレコム景気循環のうち、2005年からの好況フェーズの変換点であった。米国を中心として、世界的に「クラウド・コンピューティング」方式と「スケーラビリティ」という、Web2.0の大きな特徴から、ネットワークに流入するトラフィックが急増し、一部ではボトルネック現象も起き始めている。ネットワーク事業者にとって、こうした流れの趨勢を見極めることで、ビジネスチャンスが生まれると考えられる。

このレポートを読む