調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 世界のFMC動向シリーズ No.4 (フランス) ~France Telecomなど数社が「ワンフォン」サービスを開始、SFRは「ホームゾーン」サービスの提供へ~
Updated: 2006/12/21
Category: 市場分析
Areas: フランス

世界のFMC動向シリーズ No.4 (フランス) ~France Telecomなど数社が「ワンフォン」サービスを開始、SFRは「ホームゾーン」サービスの提供へ~

フランスでは2006年に相次いでワンフォン型FMCサービスが開始されている。
2006年6月、Neuf Cegetelが「TWIN」の提供を開始したのに続いて、10月にはFrance Télécom(FT)の「unik」が市場に登場した。さらにFreeも10月からデュアルモード端末を提供している。これらのサービスでは、GSMと無線LANの両方に対応するデュアルモード端末を、屋外では携帯電話として、また自宅からはIP電話として利用することができる。
一方、携帯電話事業者SFRは異なる戦略をとり、自宅からの携帯電話通話料を定額とするサービス「Happy Zone」を2006年10月から一部の地域で開始し、2007年には全国に拡大する計画をたてている。

このレポートを読む