調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 米国のブロードバンド事情
Updated: 2010/09/22
Category: 市場環境分野
Areas: 米国

米国のブロードバンド事情

2000年代にはいり、米国政府の政策転換によって、ブロードバンドを担うプレイヤーは通信キャリア(AT&TとVerizon)およびケーブルMSO(ComcastとTime Warner)の2つのグループに大きくまとまった。これが功を奏し、米国のブロードバンド普及率は急速に上昇している。現在、ケーブルMSOが先行したリードを守り、最大の市場シェアを握っているが、通信キャリアはFTTPの展開とバンドル戦略で反撃している。

Due to the major policy changes in 2000’s, U.S. broadband players were consolidated into two major groups, telecom carriers (AT&T and Verizon) and cable MSO’s (Comcast and Time Warner). It has contributed to the rapid growth of broadband penetration. Cable MSO’s still keep the early lead and hold majority in the market share, but the carriers are fighting back with FTTP deployment and the bundle strategy.

このレポートを読む