調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: マルチ・デバイス時代の到来とビジネスモデル 前編:各種マルチ・デバイスの特徴と開発トレンド
Updated: 2010/10/14
Category: 市場分析
Areas: 世界 米国 日本

マルチ・デバイス時代の到来とビジネスモデル 前編:各種マルチ・デバイスの特徴と開発トレンド

本レポートでは、このCES2010の模様を中心に、各種マルチ・デバイスの特徴や開発のトレンドを報告し、それらの背景にある基礎研究の思想的潮流も紹介する。これに続く後編では、マルチ・デバイス時代に想定されるビジネスモデルとして全部で6種類を挙げ、それぞれのプラスとマイナス面を列挙し、キャリアが今後とるべき進路を検討する際の材料として提示する。

In recent times there has been an increasing number of new devices (gadgets) on store shelves in Japan. They include netbooks, smartphones, tablets, e-readers, Web TVs, picture frames and so on. These so-called “emerging devices” are all connected to the Internet, mostly without wires, and this connectivity allows people to download and consume various kinds of content such as music, text, photo, video and combinations of these media.

このレポートを読む