調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 欧州における医療・健康分野でのICT利活用事例
Updated: 2010/11/15
Category: その他
Areas: オランダ EU スイス

欧州における医療・健康分野でのICT利活用事例

欧州では、医療サービスに関する情報システムの相互運用性を可能にする技術として、ICTは、異なる国、医療行政単位をまたがり活用されている。本稿では、そのような相互運用システムの代表として、患者データの多国間流通と利用を可能にすることを目指す、スマート オープンシステム (Smart Open Services for European Patients,epSOS)、病院情報システムのパイオニアであるジュネーブ大学病院の患者情報統合ネットワーク(The Clinical Information System, CIS) 及び、患者を中心に、様々な医療サービス組織のデータ標準に留意して作られた、オランダの血栓症ディジタル・ログブック (Thrombosis Digital Logbook)を取り上げ、医療現場の必要性を中心に据えた、ICTの医療、健康分野での活用を考察した。
 この3つのケースから、異なる所在地、機関に所属する利用者の相互接続と、市販のICTを利用し低コスト化を図ることとが医療分野でもICT利活用の潮流であることが分かる。利用者に役立ち、使いやすいシステムを作る為には、利用者とICT技術者との共同作業が不可欠である。

ICT is used to enable inter-operability of medical and health information systems to serve citizens’ needs moving across countries, while adhering to regulations of different countries. The author has selected for the report three cases developed to serve practical end-user needs for delivery of medical services, and will analyze key issues for the vital development of the ICT applications. The cases are ; Smart Open Services for European Patients (epSOS) for mutual use of the patient data across Europe、the Clinical Information System (CIS, Geneva), a pioneer of an information system for medical workers in hospitals、 and Thrombosis Digital Logbook, a self monitoring system of Thrombosis patients that connects relevant medical service providers via information sharing.

このレポートを読む