調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: Mobile World Congress 2012報告: HTML5によるクロス・プラットフォーム戦略に関心が集まる
Updated: 2012/05/18
Category: 市場環境分野
Areas: 世界

Mobile World Congress 2012報告: HTML5によるクロス・プラットフォーム戦略に関心が集まる

モバイル関係の国際会議・見本市としては世界最大のMobile World Congress(MWC)が今年もスペインのFira de Barcelonaで2月27日~3月1日まで開催された。主催者のGSMAによれば、今年の来場者数は6万7000人と過去最高を記録した。
MWCは元々、欧米の通信キャリアが中心になって始めたイベントだが、ここ数年は彼らよりもGoogleなど米IT企業や、SamsungやLGなど韓国メーカーの存在感が強くなっている。
たとえば今年、初めてMWCに参加したFacebookは、日本も含め世界各国の主要キャリアと提携して、HTML5ベースのウエブ・アプリを普及させる計画を明らかにした。これはキャリアがFacebookと協力して、AppleやGoogleを牽制する動きと見られている。他にも欧州の大手キャリアTelefonicaが、MozillaやQualcommと共同開発したブラウザ一体型OS「Boot to Gecko」を実機でデモするなど、クロス・プラットフォーム戦略に向けたキャリアの意気込みが伝わってきた。

Mobile World Congress (MWC) 2012, the mobile technologies and products industry's largest convention, was, once again, held at Fira de Barcelona in Spain between February 27th and March 1st. According to the event organizing body GSMA, with nearly 70,000 people through its doors, this year saw record attendance at the event. In recent years the U.S. and European mobile carriers, the original founders of the MWC, have been overshadowed by IT companies from the US, such as Google, and the major Korean electronics manufacturers Samsung and LG. However, this year saw a resurgence of the carriers as they try to regain their influence within the industry. This is shaping up as an epic tug of war between the mobile carriers and the mobile technology companies, including Apple, which, as always, chose not participate in MWC 2012.

このレポートを読む