調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 米国のスマートグリッド現状
Updated: 2012/09/20
Category: その他
Areas: 米国

米国のスマートグリッド現状

米国では、電力ネットワークが複雑に細分化して入り組んでおり、再生可能エネルギーの導入などの新しい要素を取り込むのは難しい。その環境で問題を解決する手段の一つとして、スマートグリッドが注目されている。オバマ政権の目玉政策の中でも、電力ネットワークの効率化・強化と再生可能エネルギーの導入推進を目的として、スマートグリッドを支援している。現状では、その第一歩としてのスマートメーター設置は徐々に進んでおり、電力料金プランへの適用も始まっているが、スマートグリッド構想は長期的なものでなかなか即効はなく、まだまだ緒についたばかりである。

In the U.S., the power utility system is fragmented and complex, and as a result, it is difficult to integrate new elements such as renewable energy sources. As one of the remedy to the problems in such circumstances, smart grid is drawing attention. Obama administration is pushing smart grid for the purpose of grid modernization and promotion of renewable energy. Currently, smart meter installation is progressing as the first step and rate plans that utilizes smart meters are emerging. However, the smart grid project as a whole is a long-term undertaking and has just started.

このレポートを読む