D2Cの全盛期はこれから 〜サステナビリティの時代に活きるダイレクト接点

コロナ禍でも増える古着屋 東京世田谷の下北沢は古着の街として有名だ。日本は寺社仏閣の数(約15.6万箇所)がコンビニの数(約5.6万箇所)より多いと言われるが、ここ下北沢ではコンビニよりも寺社よりも古着屋が多い。昨今、コロナの影響で撤退した飲食店の跡地にも古着屋が続々と新規出店している。

メーカービジネスがシフトする〜「モノ売り」から「ライフスタイル提案」へ

不名誉なランキング
1位 ジューサー、ミキサー
2位 ホットプレート
3位 たこ焼き器
4位 ホームベーカリー
5位 フードプロセッサー
6位 コーヒーメーカー、エスプレッソメーカー
上記は、買ったけど使っていないキッチン家電ランキングである。思い当たるモノばかりではないだろうか。

大企業がD2Cを目指すワケ

米ワシントン州に住むスーザン・シグムンドにはお気に入りの新興スニーカーブランドがある。 ある日スーザンがこのブランドのラインナップをスマホで眺めていたところ、スカイブルーのスニーカーに目が奪われた。しかしそれは男性向け商品とある。 そこでスーザンはこのブランドのインスタグラムアカウントに対して「おねがい!!この男性向けの青いシューズを女性向けにも出して!出してくれたらすぐに買うから!」と投稿した。

トップへ戻る