調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : 市場分析

アプリでもご覧頂けます。
2016/06/07

ドライバーのプライバシーに関する意識調査

コネクテッドカーの普及に伴い一般ドライバーが車両情報の提供に対してどの程度の抵抗感を感じるかについて、アンケート調査を実施した。本稿ではその内容の一部を紹介する。
調査結果のポイントは以下のとおり。

◆一般ドライバーが車両情報を公共機関や企業に提供することについて ... …

2016/03/24

米大手キャリアの生き残り戦略(第2回)

2015年は米大手キャリアが顕著な変化を見せた。特にAT&TとVerizonが大きな、しかも対照的な動きを示した。両社のアプローチは異なるが、その目的とするところは同じ。スマホ市場の飽和状態や競争のプレッシャーに直面する中で、いかにして顧客と収益を確保するかという課題に対する打開策だ。

2016/01/28

米大手キャリアの生き残り戦略(第1回)

2015年は米大手キャリアが顕著な変化を見せた。特にAT&TとVerizonが大きな、しかも対照的な動きを示した。両社のアプローチは異なるが、その目的とするところは同じ。スマホ市場の飽和状態や競争のプレッシャーに直面する中で、いかにして顧客と収益を確保するかという課題に対する打開策だ。

2015/12/25

Does Software Always Eat Hardware? (製品の付加価値(とマージン)は、必ずハードからソフトへ移行するのか?)

"Software is eating the world"(ソフトウェアは世界を飲み込む)とは、 かつてのNetscapeの共同設立者で現在ベンチャー・キャピタル大手のAndreessen Horowitzのゼネラル・パートナーを務めるMarc Andreessenの有名な発言だ。ソフト ... …

2015/07/09

21世紀の「仕事とキャリア」:  プロフェッショナル型従業員とネット人材サービス

産業構造が製造業中心からソフトウェアなどの知識産業中心に推移するに伴って、製造業時代に成立した仕事やキャリアの仕組みが時代に合わなくなりつつある。企業と働く人の双方の新しいニーズに合わせたキャリアの考え方として、キャリアパスを3種類に分類してそれぞれに異なる対応をする「アライアンス」という ... …

2015/06/22

ライドシェアがタクシーを駆逐する日

UberやLyftなどのライドシェアリングが勢いを増している。利用者は順調に増え、多額の資金調達にも成功している。必ずしもいいニュースばかりでもないが、良くも悪くも交通サービス市場をかき回している。一方タクシー業界は苦悩している。ライドシェアリングに利用者ばかりかドライバーまで奪われ、存在 ... …

2015/05/21

コネクテッド・カー:セキュリティの懸念と通信キャリアとしての市場機会

スマホ普及によりBYODが話題になって久しい。最近、スマホ領域と同様に、Apple、Googleの2大OSプレーヤーは、自動車領域にも進出しており、4つ目のスクリーンの「土地の争奪」に必死だ。
コネクテッド・カー普及につれ、PC・スマホのように、セキュリティのリスクもつきまとう。と ... …

2015/04/28

IoTで注目を集める「スマートホーム」の展望

米国では従来から、ホーム・セキュリティを中心とするスマートホームのサービスがあったが、ニッチにとどまっていた。これに対し、ここ数年のエネルギー節約指向の高まりというニーズ、「スマートフォンの次」をめざす通信事業者の動き、ハードウェア+IoT(モノのインターネット)というシリコンバレーの趨勢 ... …

2014/12/03

米携帯4社の販売競争と成果(第2回)

2013年の米国無線通信市場は、T-Mobile US(T-Mobile)が「アンキャリア」を発表し、次々と新施策を打ち出して市場を翻弄した年だったと言える。競合他社もこれに追随または対抗措置を取ることを迫られながら、それぞれの戦略に基づいて販売施策を展開し、激しい販売競争を繰り広げた。< ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析
Areas: 米国  
Tags: 携帯  
2014/11/27

米携帯4社の販売競争と成果(第1回)

2013年の米国無線通信市場は、T-Mobile US(T-Mobile)が「アンキャリア」を発表し、次々と新施策を打ち出して市場を翻弄した年だったと言える。競合他社もこれに追随または対抗措置を取ることを迫られながら、それぞれの戦略に基づいて販売施策を展開し、激しい販売競争を繰り広げた。< ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析
Areas: 米国  
Tags: 携帯  
← Newer Older →