調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 米国大統領選に見るソーシャルとビッグデータの役割
Updated: 2012/12/14
Category: その他
Areas: 米国

米国大統領選に見るソーシャルとビッグデータの役割

2012年11月のアメリカ大統領選では、民主党オバマ大統領側がITとネットによる情報収集力をフル活用し、接戦と伝えられた選挙戦を制する原動力となったともっぱらの評判だ。「データ解析を駆使して、小が大に勝つ」の代名詞となった映画になぞらえて「マネーボール」作戦などとも称されている。伝統的な世論調査よりもはるかに正確に選挙結果予測を的中させたデータ学者ネイト・シルバー氏の話題と併せ、いよいよ政治にも「ビッグデータ」のパワーが押し寄せた、と注目しきりだ。
本稿では、前回2008年の「ソーシャル選挙」から今回2012年の「データ選挙」までの流れを分析し、ここにあらわれている米国のネットをめぐる思想の変化について考えてみたい。

このレポートを読む