調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   検索条件 :

アプリでもご覧頂けます。
2020/02/21

拡張する絵本の世界(前編)

「出版不況」と呼ばれるように、今日の出版業界を取り巻く状況は年々厳しくなっている。1998年には2兆5,415億円あった書籍の販売額が2018年には1兆2,921億円まで落ち込んでいる。このような厳しい状況下でも、児童書は出版市場において唯一売り上げを伸ばしている。少子化により読者である子 ... …

Author: 畑中 梨沙
Category: その他
Areas: 日本  
Tags: 児童書   絵本
出版社  
2020/02/13

医療サービスとの連携を進める米国BIG4

1 本報告書の目的
本報告書では、Apple、Google、Amazon、Microsoft(以下、BIG4)の健康・医療サービスへの取組み事例及び厚生労働省の中長期施策であるデータヘルス改革の取組みなどを紹介し、健康・医療サービス参入に関する事業機会を探る。

... …

2020/01/29

フォルクスワーゲングループとLVMHのブランドポートフォリオ

・「モノ」や「サービス」が溢れる現代においても成功している企業はどのような価値を提供しているのか?ケーススタディとしてそれら企業を紐解くことで、今後重要となり得る提供価値を考える。
・これまで、多くの国内企業は、機能性や利便性という価値軸で競争。しかし今やモノや サービスが飽和する ... …

2019/12/17

アリババのテクノロジー祭典「雲栖大会(ユンチー) The Apsara Computing Conference」報告 前編

アリババが主催する中では最大規模のテクノロジーカンファレンスとなる雲栖大会(ユンチーダーフイ)が今年もアリババの本拠地である中国浙江省の杭州で9月25日から27日の3日間に渡り開催された。第10回目となる今回の雲栖大会(ユンチーダーフイ)ではスローガンとして「数・智(The Rise of ... …

2019/11/27

シェアライドの雄、滴滴と中国の配車サービスの実態

今、中国の都市部では配車サービスは、「知ると得するサービス」というよりは「知らないと生活が不便なサービス」と言えるほど普及していて、特に中国のインターネット世代(20代~40代)にとっては切っても切れない存在となっている。
中国の配車サービスの代表的な企業が「滴滴出行(DiDi C ... …

2019/11/20

XRがもたらす新たな現実と可能性(第2回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実用化が難しかったさまざまなアプリやソリューションが提供され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/10/30

「未知の世界」アフリカの通信事情 -多種多様な市場の向こうに見えるもの-

日本から空路で14時間以上もかかるアフリカ大陸は、多くの人々にとって、はるか遠くにある「未知の世界」ではないだろうか。一方、欧州とアフリカは、歴史的にも経済的にも非常に関係が深い。
また、一口に「アフリカ」といってもその内情は複雑である。サハラ砂漠を境に南北で人種や宗教が大きく異な ... …

2019/10/04

XRがもたらす新たな現実と可能性(第1回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実現が困難だったさまざまなアプリやソリューションが実用化され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/09/18

社会を変えるアプリ「GO-JEK」

インドネシア発のオンライン配車サービス「GO-JEK」は、2019年4月、ついにデカコーン企業となった。2018年のファンディングでは米Googleや中国Tencentなどの大手IT企業が相次いで出資を行い、資金とともに彼らのノウハウも獲得した。
同じくオンライン配車サービスを提供 ... …

2019/08/26

マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)

■目的
D2C(Direct to Consumer)※ において先行する米国市場での課題等を踏まえ、今後の国内D2C市場においても重要となりうるポイントを整理する。
※ オンライン専業かつ直販の事業形態。高品質な商品を低価格で提供 したり、SNSや動画を活用した価 ... …

← Newer Older →