調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   タグ : AI

アプリでもご覧頂けます。
2019/04/25

医療に応用されるAI(人工知能)の現状と課題 ー IBM「ワトソン」とディープラーニングを中心に

近年、様々な分野に普及しているAI(人工知能)が、ついに私達の健康や命を預かる「医療」の分野にまで進出しようとしている。既にIBMのAIスパコン「ワトソン」が難病患者の命を救ったり、先端AI「ディープラーニング」が画像診断などで専門医に勝るとも劣らない能力を示しつつある。
こうした ... …

2015/10/22

AIバブルへの警鐘――人工知能への過剰な期待は禁物、今のAIに出来る事と出来ないことを見極めることがAIビジネスの成否を分ける

近年、AI(人工知能)の発達と実用化には目覚ましいものがある。たとえば日々、認識精度を上げているGoogleの音声検索、交通・輸送手段などに革命をもたらすと見られる自動運転車、さらにはコンピュータによる同時通訳の自動化など、AIが私達の社会や産業界に与えるインパクトは広く、そして深い。

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 世界   米国
日本  
Tags: AI   人工知能
2014/05/29

AI(人工知能)にかける米シリコンバレーとGoogleの野望 ――危機に晒される日本の産業用ロボット

米シリコンバレーで今、「機械学習」を中心にAI関連のベンチャー企業が次々と生まれている。AI(人工知能)は1950年代に研究開発が始まった古い技術だが、その後、「AIの冬」と呼ばれる長い低迷期を脱し、最近、新たな形で蘇ってきた。その最大の理由が、機械学習の急激な発達にある。それはコンピュー ... …

Author: 小林 雅一
Category: 市場分析
Areas: 米国  
Tags: AI  
2013/02/27

CES2013報告 テレビ、自動車、病院からゴミ箱まで、全てがネットワーク化する時代に

家電・IT関連の見本市としては世界最大のCES(Consumer Electronics Show)が、今年も1月8日~13日まで米ラスベガスで開催された。会期中の来訪者は約15万人に上ったと見られる …

← Newer Older →