調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : プラットフォーム

アプリでもご覧頂けます。
2019/11/27

シェアライドの雄、滴滴と中国の配車サービスの実態

今、中国の都市部では配車サービスは、「知ると得するサービス」というよりは「知らないと生活が不便なサービス」と言えるほど普及していて、特に中国のインターネット世代(20代~40代)にとっては切っても切れない存在となっている。
中国の配車サービスの代表的な企業が「滴滴出行(DiDi C ... …

2019/11/20

XRがもたらす新たな現実と可能性(第2回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実用化が難しかったさまざまなアプリやソリューションが提供され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/10/04

XRがもたらす新たな現実と可能性(第1回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実現が困難だったさまざまなアプリやソリューションが実用化され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/09/18

社会を変えるアプリ「GO-JEK」

インドネシア発のオンライン配車サービス「GO-JEK」は、2019年4月、ついにデカコーン企業となった。2018年のファンディングでは米Googleや中国Tencentなどの大手IT企業が相次いで出資を行い、資金とともに彼らのノウハウも獲得した。
同じくオンライン配車サービスを提供 ... …

2019/08/26

マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)

■目的
D2C(Direct to Consumer)※ において先行する米国市場での課題等を踏まえ、今後の国内D2C市場においても重要となりうるポイントを整理する。
※ オンライン専業かつ直販の事業形態。高品質な商品を低価格で提供 したり、SNSや動画を活用した価 ... …

2019/07/01

Googleのスマートシティ開発~狙いとビジネスモデル~

最近、世界各国でスマートシティに関する取り組みが広がっている。スマートシティは、都市の抱えている課題をIoT等の先端技術を用いて解決しようとする概念である。各国で推進されているスマートシティ政策は、ICT企業に新たなビジネスチャンスをもたらすものと期待される。
2017年10月、G ... …

2018/09/10

中国信用社会に向けたネットの取り組み ~芝麻信用の信用スコアが消費行動を変えた!?~

中国における信用社会を実現するために、芝麻信用をはじめとした8つの新型クレジットサービスが2015年にスタートした。銀行情報以外での信用情報を収集することにより、より多くの人口をカバーし、多角的に個人や企業の信用を測ることができるようになる。これにより支付宝(アリペイ)などの電子決済を活用 ... …

2016/11/30

運転支援から自動運転へ  -Tesla事故から考える「ヒトとクルマの本来の関係」-

米Tesla Motorsの半自動運転機能「Autopilot」が今年5月に引き起こしたドライバー死亡事故は、世界的に進む自動運転技術の開発に再検討を迫っている。欧米の自動車メーカーの中には、Tesla Autopilotのような「半自動運転」からGoogleが目指しているような「完全自動 ... …

2016/10/28

スマートホームの主導権争い(第2回) ~Amazonはなぜ一歩リードしたか~

スマートホームの主導権争いはAppleとGoogleが有望と見られ、どんな戦いを見せてくれるのかと期待されていたが、両社がもたついている間にAmazonがEchoを引っ提げて突如参入し、単独リードしてしまった形となった。
本レポートは2回にわたりスマートホーム(特にホームオートメー ... …

2016/09/15

スマートホームの主導権争い(第1回) 〜 GoogleとAppleはなぜもたついたか 〜 

スマートホームの主導権争いはAppleとGoogleが有望と見られ、どんな戦いを見せてくれるのかと期待されていたが、両社がもたついている間にAmazonがEchoを引っ提げて突如参入し、単独リードしてしまった形となった。
本レポートは2回にわたりスマートホーム(特にホームオートメー ... …

← Newer Older →