調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   著者 : ������������

2022/05/30

ゲーム分野の活用事例からみるメタバースの可能性

新型コロナウイルスの影響により、現実世界での多くの機能が仮想空間で行われるようになった。特に、デジタル文化に馴染みがあるZ世代を中心にメタバースプラットフォームが新たな交流の場として現れている。コロナが拡散する中で世界中のユーザーがメタバースゲームのプラットフォームに集まり、ゲーム ... …

2022/03/04

COVID-19で加速するデジタルヘルスの未来

Covid-19パンデミックにより、遠隔医療や医療システムのデジタル化が加速している。感染防止のため、日常の多くの部分が非対面に転換されており、医療分野においても非対面サービスへの需要増加、デジタルヘルス産業への注目度が一層高まっている。医療は疾病の治療から予防、個別化された健康管 ... …

2022/01/27

Googleが描く未来都市はなぜ実現できなかったのか?~Sidewalk Labsのスマートシティ取り組みからの教訓~

Googleの姉妹企業であるSidewalk Labsは、2015年6月Alphabet傘下の都市イノベーション企業として設立された。Sidewalk Labsが2017年推進した「Sidewalk Toronto」プロジェクトは世界的な注目を集めたが、2020年プロジェクトの撤退を発 ... …

2021/11/30

ウィズ・ポストコロナ時代の旅行トレンド

新型コロナウイルス感染症の世界的拡散とそれによる移動制限、国境封鎖が続き、観光産業は前例のない低迷期を経験している。世界観光機構によると、コロナは観光産業を30年前の水準に戻したという。
しかし、旅行に対する人々のニーズは決して消えず、近距離旅行やグランピングなどを楽しむ国内旅行は ... …

Author: 林 イラン
Category: その他
Areas: 世界  
Tags: コロナ   観光
ツーリズム  
2020/09/23

韓国におけるソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の導入事例

近年、社会的課題を解決する新たな官民連携の手法としてソーシャル・インパクト・ボンド(SIB: Social Impact Bond)が注目を集めている。SIBは、民間投資家からの資金をもとに、公共事業を実施し、予め合意した事業の成果に応じて、政府が投資家に元本と利子を償還する契約方式である ... …

2020/08/24

スマートシティにおける資金調達手法

スマートシティの開発類型は既存都市の再生から新規開発まで多岐にわたり、そこで提供されるサービス内容も都市経営の全般を含んでいる。このような都市開発事業は大規模な資金を投入する一方、資金の回収は長期にわたるため初期の資金調達は大きな課題である。最近は、政府による補助金、支援金などの公的資金に ... …

2020/02/27

Amazon Web Services(AWS)のスマートシティの取り組み ~クラウドが支えるスマートシティソリューション~

Amazonは、2006年クラウドサービスである「Amazon Web Services(AWS)」をリリースし、クラウド市場を開拓した。AWSはクラウド市場を先占し、今日まで圧倒的な占有率を確保・維持している。
世界各国でスマートシティに関する取り組みが加速する中で、都市に関する ... …

2019/07/01

Googleのスマートシティ開発~狙いとビジネスモデル~

最近、世界各国でスマートシティに関する取り組みが広がっている。スマートシティは、都市の抱えている課題をIoT等の先端技術を用いて解決しようとする概念である。各国で推進されているスマートシティ政策は、ICT企業に新たなビジネスチャンスをもたらすものと期待される。
2017年10月、G ... …

← Newer Older →