調査レポート R&A

← レポート一覧へ
Title: 満足度を聞くアンケート調査における選択肢数値化の試み
Updated: 2007/01/21
Category: その他
Areas: 日本

満足度を聞くアンケート調査における選択肢数値化の試み

現在KDDIでは、各種調査の中で、提供サービスに対する満足度を聞くアンケート調査を行っている。従来、満足度を問う設問は、調査ごとに目的と合致した結果がでるように、調査設計、および選択肢の設定を行ってきた。こうした事情から、KDDIで実施する各アンケート調査の中で、満足度に関する設問の全てを、同一の選択肢で統一を行うことは困難であり、その結果、満足度を問う設問の選択肢には、その表現や、数などに違いがあった。
そこでKDDI総研では、選択肢の違いが調査結果に及ぼす影響を定量的に評価する目的で、満足度合いを聞く選択肢のパターンを12種類用意し、その各々について、個々の選択肢に対する満足度の数値化を試みた。また合わせて、回答者属性が違うことによる回答の偏りを分析し、性・年代の違いにより、回答にほとんど差異は生じないことがわかった。

このレポートを読む