断水なき予告

Digg にシェア
Pocket

突然の断水が短時間で復旧したが、水道工事が翌日にあるので本格的に水が止まるとの予告が来た件の続編。

その翌日、午前10時から水道が止まるかもしれないというので、トイレなどに使えるようにバスタブに水を貯めた。料理などにも使えるように、鍋もいくつかかき集めて水を貯めた。

これでいつ断水になっても大丈夫。万全の態勢を整えて、今か今かと断水を待った。

ところが、10時を過ぎてもなかなか断水にならない。いつまで経っても水が出る。お昼頃になってもまだ水が出る。水道工事が遅れているのか。夕方にずれ込むと夕飯の支度に支障が出るので、やるなら早くやってほしいものだ。

断水予告で示された断水予定時間が終わる午後3時を過ぎた。結局水は止まらなかった。建物の中や周辺で水道工事をしている気配はない。管理オフィスからも何の連絡もない。

昨日の断水予告は何だったのか。昨日は断水予告の前に予告なき断水があった。建物の中でバタバタと人が行き来する音も時折聞こえた。ひょっとしたら、昨日その水道工事が行われていたのではないか。昨日の断水はその工事によるものだったのではないか。

推測ではあるが事実関係を整理すると、工事が行われるのは昨日だったので、予告は本来は一昨日に出さないといけなかったところ、予告を作成した担当者が日付を間違えて、昨日の工事が行われた後に予告を出した。

こういうことはよくあることだ。