調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : コンテンツメディア分野

アプリでもご覧頂けます。
2018/09/10

中国信用社会に向けたネットの取り組み ~芝麻信用の信用スコアが消費行動を変えた!?~

中国における信用社会を実現するために、芝麻信用をはじめとした8つの新型クレジットサービスが2015年にスタートした。銀行情報以外での信用情報を収集することにより、より多くの人口をカバーし、多角的に個人や企業の信用を測ることができるようになる。これにより支付宝(アリペイ)などの電子決済を活用 ... …

2017/07/20

社債まで負って自社製作コンテンツへシフトするNetflix

Netflixは、一般家庭へのDVD宅配レンタルサービスとしてスタートした。競合のブロックバスター(米Blockbuster Video)など従来のビデオレンタル店を駆逐し、ストリーミングサービスにシフトすることで、自らが最初に選んだビジネスモデルである宅配サービスをも駆逐した。近年、Ne ... …

2017/05/25

Google翻訳の性能が大幅に向上した理由とは? -- 自然言語処理に応用されるディープラーニングの原理と限界

グーグルが提供する翻訳サービス「Google翻訳」の性能が、2016年11月のリニューアルに伴い、大幅にアップした。特にスマートフォンから入力する会話文の場合、たとえば外国に出張したビジネス・パーソンが現地のスタッフと打ち合わせをしたり、運悪く急病にかかった場合に現地病院の医師らと意思疎通 ... …

2016/10/28

スマートホームの主導権争い(第2回) ~Amazonはなぜ一歩リードしたか~

スマートホームの主導権争いはAppleとGoogleが有望と見られ、どんな戦いを見せてくれるのかと期待されていたが、両社がもたついている間にAmazonがEchoを引っ提げて突如参入し、単独リードしてしまった形となった。
本レポートは2回にわたりスマートホーム(特にホームオートメー ... …

2016/09/15

スマートホームの主導権争い(第1回) 〜 GoogleとAppleはなぜもたついたか 〜 

スマートホームの主導権争いはAppleとGoogleが有望と見られ、どんな戦いを見せてくれるのかと期待されていたが、両社がもたついている間にAmazonがEchoを引っ提げて突如参入し、単独リードしてしまった形となった。
本レポートは2回にわたりスマートホーム(特にホームオートメー ... …

2015/12/25

Does Software Always Eat Hardware? (製品の付加価値(とマージン)は、必ずハードからソフトへ移行するのか?)

"Software is eating the world"(ソフトウェアは世界を飲み込む)とは、 かつてのNetscapeの共同設立者で現在ベンチャー・キャピタル大手のAndreessen Horowitzのゼネラル・パートナーを務めるMarc Andreessenの有名な発言だ。ソフト ... …

2014/08/28

中国メジャーソーシャルサービスの現状

中国のインターネット利用は年々増加してきているが、近年、携帯電話・スマートフォンからの利用がインターネット利用者数を押し上げている。
本稿では、インターネット利用の中でもメッセンジャーやSNSを中心としたソーシャルサービスについて、その現状と利用状況について報告する。一例として、メ ... …

2010/10/14

米国におけるテレビの今(後編)

このレポートは、米国における「テレビの今」を綴るレポートの後編である。このレポート中の「テレビ」とは、地上波放送に限らず、幅広い「ビデオの視聴」も含まれており、従来の放送(ブロードキャスト)も、プル型 …

← Newer Older →