ソーシャルメディアでピザを注文

Bookmark this on Digg
Pocket

Pizza HutがFacebook MessengerやTwitterで注文できるようになる。

Pizza HutのCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)のBaron Concors氏がVenturebeatの「MobileBeat 2016」コンファレンスで発表した。

チャットボットを使って、ソーシャルメディアのメッセージでピザの注文を受け付けるほか、問い合わせにも応じる。割引はないのかといった問い合わせにも対応できる。

512techより
Conversable/512techより

できるだけユーザが慣れ親しんでいる方法で注文できるようにしようというもの。

Pizza Hutの「ソーシャルメディア注文システム」を支えているのは、テキサス州オースチンに本社のあるスタートアップ、Conversableの「 会話型商取引」プラットフォーム。

Pizza Hutの他に、WingstopやWhole Foodsなどもこのプラットフォームの採用を決めていると、512techが報じている。

ちなみにPizza Hutの競争相手のDomino’s Pizzaは、Amazon Echoを介して音声による注文を受け付けている。

注文のプロセスをいかに簡単にするかが勝負だ。