Verizonが固定電話をLTEに置換

with 1件のコメント
Digg にシェア
Pocket

Verizon Wirelessが固定電話の代わりに使えるLTEルータを販売し始めた。固定電話回線をLTEに置換しようという努力の一環だ。

音声付4G LTEブロードバンドルータ(VerizonのWebサイトより)

The Vergeによると、新たに販売を開始したのは「音声付4G LTEブロードバンドルータ(Verizon 4G LTE Broadband Router with Voice)」というもの。これまでもデータに関しては固定LTEサービスを提供していたが、これに音声サービスも追加した。このルータ1台でブロードバンドインターネットだけでなく電話も使えるので、固定電話回線が不要になる。

しかもワイヤレスなので使う場所を固定する必要がない。旅先や職場に持ち込むことも可能だ。残念ながら固定電話とは違い、停電時には使えなくなるが、バックアップ用のバッテリーがあるので4時間までは大丈夫だ。

一見、VoLTEを始めたのかと思ってしまうが、VerizonはまだVoLTEを開始していない。音声はLTEではなく2G回線を使う。これに限らず、Verizonはワイヤレスサービスの音声にはすべて2G回線を使っている。音声だけであれば2Gでもまったく問題ない。

本体価格は定価が199.99ドル、2年契約すると49.99ドルになる。固定電話機1台の他にWi-Fi経由で端末10台まで、さらにEthernet経由でPCなどを3台まで接続できる。

問題は月額料金だが、このルータはデータシェアプラン「Share Everything」に加入する必要があるので、既にVerizonのスマホなどを持っていてこれに加入済であれば端末の追加をすればいいが、単体で使いたい場合は割高になるので要注意だ。

One Response

  1. […] 企業向けサービスに専念するのではないかというもの。いくつかの要因がその兆候ではないかとの憶測を呼んでいる。固定電話回線をLTEに置換しようとしているのもその要因のひとつだ。 […]

Leave a Reply