調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   エリア : 日本

2024/02/16

サブスクビジネスの潮流変化2024 〜変化を捉えてサブスクで稼ぐ ①モノのサブスクの変化

3つのレポートに分けて、コンシューマー向けサブスクサービスの潮流変化を明らかにしつつ、サブスクビジネスのヒントを探る。

▶パート①「モノのサブスクの変化」

Author: 沖 賢太郎
Category: 市場分析
Areas: 日本  
Tags: サブスクリプション   サステナビリティ
ライフスタイル  
2024/02/09

冷え込んだNFTアイテム市場の活性化 ―生活者ニーズ調査からの提言

 NFT(Non-Fungible Token、非代替的トークン)はデジタルアイテムに唯一性を付与し、その真正性や所有権を担保する機能を持つ。NFTに紐づくことで、容易に複製できるデジタルアイテムは稀少な「一点物」として資産価値を持つようになる。2021年にNFTアート「Everydays ... …

Author: 劉 亜菲
Category: 市場分析
Areas: 日本  
Tags: NTF   ユースケース
体験価値  
2023/11/09

資産の可視化が資産運用に与える影響

本稿は、個人の資産が可視化されることにより、株式などの資産運用への投資がより積極的になるか確認することを目的としている。現在、家計簿アプリの出現により、誰もが容易に自身の資産状況を視覚的に把握しやすくなっている。また、長期的な資産のシミュレーション機能を備えたアプリも存在し、より資産運用に ... …

Author: 新倉 純樹
Category: 市場分析
Areas: 日本  
Tags: 家計調査   資産運用
投資  
2023/07/19

希薄化した親子時間をテクノロジーでより豊かに

共働き世帯の増加を背景に、親子で過ごす時間を増やしたいと考える親がいる一方で、仕事をしながら親子で過ごす時間を増やすことはなかなか難しいのが現状である。親子で過ごす時間は実質的に増やすことは難しいが、より良いものにできないだろうか。
共働き世帯の数は、1992年に専業主婦世帯を上回 ... …

2023/06/26

人生100年時代の次世代バイオマーカー

人生100年時代を迎え、生活習慣病等の疾患対策や健康づくりが注目されている中、昨今では、DNA解析で得られたゲノムの情報から、遺伝的な特定疾患への罹患リスクやその人の体質など、健康に関する先天的な情報を幅広く調べることが可能となってきた。
DNA解析技術の進展には目覚ましいものがあ ... …

2023/06/22

環境への知識と意識は高まり、現在は行動の段階に

今回の調査と2021年6月に実施した前回調査を比較した結果、人々の環境問題への関心や取り組みについて以下のことが言える。

(1) 環境に関するキーワードの認知度と関心
①SDGsやカーボンニュートラルなど環境に関するキーワードの認知度は前回の調査から大きく向上し、 ... …

Author: 今村 一晃
Category: その他
Areas: 日本  
Tags: 環境   SDGs
2023/04/17

家計の資産選択における特徴

本稿は、資産における株式などの投資比率が高い家計に、どのような特徴があるかを紹介することを目的としている。近年、政府は「貯蓄から投資へ」の転換を掲げているが、米国や欧州圏と比較して、投資よりも貯蓄への選好が強いことに変わりはない。しかし、当然ながら家庭によって、投資資産の保有比率は多様であ ... …

Author: 新倉 純樹
Category: 市場分析
Areas: 日本  
Tags: 金融   投資
家計調査  
2023/03/22

リテールトランスフォーメーション 小売がIDビジネスになる 〜リセール、サブスク、受注生産、リペア

今、世界の様々な企業が、リセール、サブスク、受注生産、リペアなどの分野へ進出している。背景にあるのは、顧客の価値観変化や事業環境の変化である。企業にとって必須となりつつあるこれら事業に共通するのは、企業と顧客の継続的な関係性の中で効果的に提供されるという点だ。そして、同一顧客との継続的なイ ... …

2023/03/15

核家族時代における育児の最新事例 ~産後クライシスをシェアハウス育児で乗り越える~

待機児童、ワンオペ育児、産後うつといった出産や育児に関する問題が注目されている中、2023年1月4日の内閣総理大臣年頭記者会見において、岸田総理は「異次元の少子化対策に挑戦する」と表明した。子どもを産み育てるための政府の支援は拡充しつつあるが、まだ解決には程遠い状況と推測される。本レポート ... …

2022/12/23

読書離れに効くオーディオブックの市場拡大戦略を探る―2億6800万のMAUを獲得した「Ximalaya」のケーススタディ

近年、スマートフォンなどの情報機器の普及や視力上の健康問題、仕事や勉強の多忙さにつき、生活者の「読書離れ」が進んでいる。その進行にオーディオブックが歯止めをかける効果が期待できる。なぜなら、移動、運動、家事などをしながら耳で本を楽しめるオーディオブックは「スキマ時間を活用できる」「目 ... …

← Newer Older →