調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   エリア : 日本

アプリでもご覧頂けます。
2018/11/07

バーチャルYouTuber視聴者の調査

最近、バーチャルYouTuberと呼ばれる、YouTubeなどの動画サイト上でタレント活動をするCGのキャラクターが盛り上がりを見せている。バーチャルYouTuberが出演する動画では、モーショントラッキング技術により演者の動きをキャラクターに反映させているため、アニメに比べて短期間かつ低 ... …

2018/10/31

世界を席巻するサブスクリプションビジネス

・本レポートでは、あらゆるものがサブスク化しつつある世界トレンドを俯瞰して把握する。ホットな領域における事例やビジネスモデルの転換に着目し、将来の事業機会を探る。特に、これまでサブスク化が難しかった非デジタル領域に重点を置く。

・サブスクが増えている背景は、事業者視点では ... …

2018/06/29

人生100年時代の働き方戦略 ~充実して働き続けるために 今わたしたちがすべきこと~

昨今、平均寿命や健康寿命の延伸を背景に、定年後の生き方に対する関心が高まっており、雑誌や新聞、書籍などでも関連する様々な話題が頻繁に取り上げられている。さらには、老後や定年後だけの問題にとどまらず、長い人生を通じてどのように生きるかという視点にも広がりを見せている。
こうした背景を ... …

2018/06/25

オタクのコンテンツ消費の行動と心理調査

本レポートは、アニメ・ゲーム・漫画といったコンテンツを好んで消費するオタクを調査対象とし、オタクのコンテンツ消費の行動と心理を明らかにすることを目的とする。オタクに関する調査レポートは既に存在するものの、オタクの心理面まで踏み込んだ幅広い意識調査は、筆者の知る限りでは存在しない。そこで、本 ... …

2017/05/25

Google翻訳の性能が大幅に向上した理由とは? -- 自然言語処理に応用されるディープラーニングの原理と限界

グーグルが提供する翻訳サービス「Google翻訳」の性能が、2016年11月のリニューアルに伴い、大幅にアップした。特にスマートフォンから入力する会話文の場合、たとえば外国に出張したビジネス・パーソンが現地のスタッフと打ち合わせをしたり、運悪く急病にかかった場合に現地病院の医師らと意思疎通 ... …

2016/11/30

運転支援から自動運転へ  -Tesla事故から考える「ヒトとクルマの本来の関係」-

米Tesla Motorsの半自動運転機能「Autopilot」が今年5月に引き起こしたドライバー死亡事故は、世界的に進む自動運転技術の開発に再検討を迫っている。欧米の自動車メーカーの中には、Tesla Autopilotのような「半自動運転」からGoogleが目指しているような「完全自動 ... …

2016/06/07

ドライバーのプライバシーに関する意識調査

コネクテッドカーの普及に伴い一般ドライバーが車両情報の提供に対してどの程度の抵抗感を感じるかについて、アンケート調査を実施した。本稿ではその内容の一部を紹介する。
調査結果のポイントは以下のとおり。

◆一般ドライバーが車両情報を公共機関や企業に提供することについて ... …

2015/10/22

AIバブルへの警鐘――人工知能への過剰な期待は禁物、今のAIに出来る事と出来ないことを見極めることがAIビジネスの成否を分ける

近年、AI(人工知能)の発達と実用化には目覚ましいものがある。たとえば日々、認識精度を上げているGoogleの音声検索、交通・輸送手段などに革命をもたらすと見られる自動運転車、さらにはコンピュータによる同時通訳の自動化など、AIが私達の社会や産業界に与えるインパクトは広く、そして深い。

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 世界   米国
日本  
Tags: AI   人工知能
← Newer Older →