調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   著者 : 嶋田実

アプリでもご覧頂けます。
2007/05/24

競争が進む米国の渋滞情報サービスの動向

2007年の大統領一般教書演説において、ブッシュ大統領は、炭酸ガス排出による気候変動に立ち向かうための手段として、渋滞緩和に向けたリアルタイム渋滞情報の速やかな展開を期待すると述べている。同情報に対す …

2006/09/07

米欧における交通渋滞予測のための携帯プローブ利用の動き

カーナビに対するユーザニーズのうち、渋滞状況を反映したルート案内に対するニーズが高いが、従来のような道路上に設置した感知器からの渋滞情報に基づくルート案内システムは、感知器の設置コストの点などから設置 …

2005/04/29

オーストラリアでサーバー上のEメールを通常令状で傍受できる法改正が成立

2004年12月、オーストラリア議会は、ISPのサーバーなどに蓄積されているEメールやボイスメールなどのいわゆる蓄積通信の傍受については、電話などの非蓄積通信とは異なり、傍受令状と呼ばれる特別の令状な …

2004/07/30

「IT社会の迷惑」に対するユーザ意識調査

インターネットや携帯電話などの情報通信手段が広く普及し、双方向ネットワークでつながったいわゆるIT社会が形成された。一方、これらの手段を用いたスパムメールや有害サイト、電子掲示板での誹謗・中傷などとい …

2004/05/30

独連邦裁判所、現行の電磁界規制値での携帯電話基地局の運用を容認

ドイツ連邦通常裁判所は、2004年2月13日、携帯電話基地局の発する電磁波により健康被害を受けているとする原告が、当該基地局の運用停止を求めていた訴訟において、現行の電磁界規制値の条件を満足していれば …

2003/08/30

携帯電話のスパム・メール対策に向けた英国国内法改正の動き

英国では、携帯電話のスパム・メールに対する苦情が急増しており、スパム対策を柱のひとつとするEUのプライバシー及び電子通信指令に適合させるべく英国国内法の改正の議論が活発化している。改正案によれば、受信 …

← Newer Older →