モーペッドシェアリングがやって来た

Digg にシェア
Pocket

モーペッドのシェアリングサービスがサフランシスコにやって来た。

Revelのホームページより

「モーペッド」は日本で言う「スクーター」タイプの原付だが、アメリカで「スクーター」と言うと一般的には「キックスケーター(キックボード)」を指すので、アメリカで日本の「スクーター」を指したいときは「モーペッド」と呼ぶ。ややこしい。

同じように、日本で「バイク」と言えばオートバイタイプの原付だが、アメリカでは自転車のことを指すので、アメリカで日本の「バイク」を指したいときは「モーターバイク」や「モーターサイクル」と呼ぶ。ややこしい。

今回は電動の「モーペッド」のシェアリングサービスがサンフランシスコで開始されたという話。提供しているのはニューヨークに本社がある「Revel」というスタートアップ。

電動のモーペッドが必要なときに必要なだけ使える。スマホのアプリで利用可能なモーペッドを探して予約・支払いができる。

RevelのiPhone用アプリ(App Storeより)

 

Revelは既にニューヨークやワシントンDCなどでサービスを提供しているが、サンフランシスコは周辺のバークレイやオークランドには来ていたが、ダウンタウンにはまだ来ていなかった。

というのも、サンフランシスコのダウンタウンは急な坂が多くて、通常の電動モーペッドでは登りきれないことも珍しくなかったからだ。

そこで、サンフランシスコの急坂でも登れるように、モーターの出力をアップしたモーペッドを430台以上用意して、サンフランシスコでのサービスを開始した。

料金はロックを解除するのに1ドルと、利用時間に応じて1分ごとに39セント。2人乗りもできるが、そのときは追加で1ドル。一定の保険も付いているので、それ以外の料金は特にかからない。

利用にあたってはヘルメット着用が義務付けられており、2人分のヘルメットが無料で使えるようトップケース(リアボックス)に収容されている。

かなり「至れり尽くせり」に近いサービスではないか。