調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   著者 : kid00005

アプリでもご覧頂けます。
2019/04/25

医療に応用されるAI(人工知能)の現状と課題 ー IBM「ワトソン」とディープラーニングを中心に

近年、様々な分野に普及しているAI(人工知能)が、ついに私達の健康や命を預かる「医療」の分野にまで進出しようとしている。既にIBMのAIスパコン「ワトソン」が難病患者の命を救ったり、先端AI「ディープラーニング」が画像診断などで専門医に勝るとも劣らない能力を示しつつある。
こうした ... …

2019/02/22

米国でブームを迎える「一般消費者向け遺伝子検査サービス(DTC)」の現状と課題

米国で「一般消費者向けの遺伝子検査サービス(DTC: Direct To Consumer)」がブレークし、2017年頃から利用者が急増している。2018年8月時点のユーザー数は約1700万人、つまり米国人の約20人に1人は既にDTCを利用していると見られる。
2006年に設立され ... …

2018/08/22

次世代バイオ技術「ゲノム編集」の産業応用とそのリスク

微生物から動植物まで、あらゆる生物のDNAを自在に改変するゲノム編集。この驚異的なバイオ技術の実用化が間近に迫っている。
既に米国では、一部のバイオ・ベンチャー企業がゲノム編集で品種改良された大豆の栽培を進め、これを加工した「健康に良い植物油」などを2018年中にも発売する予定。一 ... …

2017/05/25

Google翻訳の性能が大幅に向上した理由とは? -- 自然言語処理に応用されるディープラーニングの原理と限界

グーグルが提供する翻訳サービス「Google翻訳」の性能が、2016年11月のリニューアルに伴い、大幅にアップした。特にスマートフォンから入力する会話文の場合、たとえば外国に出張したビジネス・パーソンが現地のスタッフと打ち合わせをしたり、運悪く急病にかかった場合に現地病院の医師らと意思疎通 ... …

2016/11/30

運転支援から自動運転へ  -Tesla事故から考える「ヒトとクルマの本来の関係」-

米Tesla Motorsの半自動運転機能「Autopilot」が今年5月に引き起こしたドライバー死亡事故は、世界的に進む自動運転技術の開発に再検討を迫っている。欧米の自動車メーカーの中には、Tesla Autopilotのような「半自動運転」からGoogleが目指しているような「完全自動 ... …

2015/10/22

AIバブルへの警鐘――人工知能への過剰な期待は禁物、今のAIに出来る事と出来ないことを見極めることがAIビジネスの成否を分ける

近年、AI(人工知能)の発達と実用化には目覚ましいものがある。たとえば日々、認識精度を上げているGoogleの音声検索、交通・輸送手段などに革命をもたらすと見られる自動運転車、さらにはコンピュータによる同時通訳の自動化など、AIが私達の社会や産業界に与えるインパクトは広く、そして深い。

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 世界   米国
日本  
Tags: AI   人工知能
2014/05/29

AI(人工知能)にかける米シリコンバレーとGoogleの野望 ――危機に晒される日本の産業用ロボット

米シリコンバレーで今、「機械学習」を中心にAI関連のベンチャー企業が次々と生まれている。AI(人工知能)は1950年代に研究開発が始まった古い技術だが、その後、「AIの冬」と呼ばれる長い低迷期を脱し、最近、新たな形で蘇ってきた。その最大の理由が、機械学習の急激な発達にある。それはコンピュー ... …

Author: 小林 雅一
Category: 市場分析
Areas: 米国  
Tags: AI  
2014/02/27

自律的ロボットで「モノづくり」を制覇したいGoogle -そのベースとなる「AI(人工知能)」の現状と日本企業の取り組み

昨年、世界的な話題となった自動運転車や米DARPA(国防高等研究計画局)の災害対策ロボットなど、ほとんどSFと見紛うばかりのインテリジェント・マシンが今や現実のものとなりつつある。その背景にあるのが、 …

Author: 小林 雅一
Category: その他
Areas: 米国  
Tags: iPhone   ITS
Microsoft   Qualcomm
Google   Apple
← Newer Older →