調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   著者 : 賢太郎沖

アプリでもご覧頂けます。
2020/03/17

アート&テクノロジー テックがアートの人とお金の流れを変え始めている

・テックによってアートにおける人とお金の流れが変わり始めている(写真&SNSでのミュージアム集客、投げ銭、デジタルアートミュージアム、小口投資)。
・さらに人の流れを変えるかもしれないのがXR。ルーブル美術館によるVR活用、ミュージアム向けにARアートを提供するARTIVIVE。ア ... …

2020/01/29

フォルクスワーゲングループとLVMHのブランドポートフォリオ

・「モノ」や「サービス」が溢れる現代においても成功している企業はどのような価値を提供しているのか?ケーススタディとしてそれら企業を紐解くことで、今後重要となり得る提供価値を考える。
・これまで、多くの国内企業は、機能性や利便性という価値軸で競争。しかし今やモノや サービスが飽和する ... …

2019/08/26

マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)

■目的
D2C(Direct to Consumer)※ において先行する米国市場での課題等を踏まえ、今後の国内D2C市場においても重要となりうるポイントを整理する。
※ オンライン専業かつ直販の事業形態。高品質な商品を低価格で提供 したり、SNSや動画を活用した価 ... …

2019/07/24

アートバーゼル2019参加レポート

アートバーゼルとは
スイスバーゼルにて毎年開催される世界一のアートフェア。世界の著名ギャラリーが出展し、コレクター達にアート作品を販売する場。アート業界最大のイベントの一つとなっている。

アートバーゼル2019サマリ
●オンライン取引が少しづつ増えている< ... …

Author: 沖 賢太郎
Category: その他
Areas: 世界   スイス
Tags: アート   展示
2019/05/20

世界を席巻する サブスクリプションビジネス part2

本レポートでは4つの観点から、サブスク市場を継続調査
① 成功しているサブスクの傾向分析
・モノのサブスクの場合、商材が多く選ぶ手間がかかる領域ならば、データ活用とキュレーションによって「選択の手間や時間をかけずに良いものを提供」している。
・コトのサブスクにおいて ... …

2019/03/26

アートビジネス

・一般的にあまり知られていないアート業界の全体像と課題を整理し、業界の更なる活性化の余地を探る。
・業界活性化の萌芽や好材料も踏まえ、ビジネス視点から今後必要となりうるポイントを整理する。
・日本人はアートが好き。企画展の動員数は世界トップクラス。また、アートの購入も増加傾 ... …

Author: 沖 賢太郎
Category: その他
Areas: 日本  
Tags: アート  
2018/10/31

世界を席巻するサブスクリプションビジネス

・本レポートでは、あらゆるものがサブスク化しつつある世界トレンドを俯瞰して把握する。ホットな領域における事例やビジネスモデルの転換に着目し、将来の事業機会を探る。特に、これまでサブスク化が難しかった非デジタル領域に重点を置く。

・サブスクが増えている背景は、事業者視点では ... …

2016/08/25

新しいリスク判断で稼ぐ金融スタートアップたち

融資や保険のような金融事業において値決めの肝となるのは、如何にリスクを判定するかに尽きる。新興金融プレーヤの中には、既存大手企業による画一的なリスク判定とは異なる手法で利用者をふるいにかけビジネス化している企業がいる。本レポートではそのような、新しいリスク判断と値決めによってビジネスを展開 ... …

2016/04/26

世界の新ビジネスに見る「アイドル&アグリゲーション」という潮流

スタートアップビジネスの潮流の1つに「アイドル&アグリゲーション」がある。これは、稼働していないもの(アイドル:Idle)を集約(アグリゲーション:Aggregation)し利用者に提供するプラットフォームサービスだ。スタートアップや中小プレーヤたちは様々な業界でアイドル&アグリゲーション ... …

← Newer Older →