調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   著者 : 賢太郎沖

2022/11/09

ブロックチェーンによるIoT-NW形成

従来、ネットワーク(NW)を作るには企業などによる多額かつ長期の投資が必要であった。ところが、ブロックチェーンのトークンを活かすことでNWの構築を試みる事例が増えている。ユーザーに特定の機器を購入してもらい、その機器が取得したデータ、もしくは機器そのものがNWを形成する。その貢献度 ... …

2022/10/26

誠実なサブスクを サブスクを提供する全ての企業に必要な変化

サブスクとは、月額制でサービスを提供する形態のビジネスだ。企業にとっては売上が定期収入となるため、事業の安定化が期待できる。一方、ユーザー視点では注意点もある。よくあるのが、使わなくなったサービスにお金だけ払い続けているようなケースだ。これまではサブスクの提供側もそのような問題を見過ごし課 ... …

2022/09/16

NFTに体験価値を Web3、メタバース時代に向けた布石

NFTに体験価値を
NFT(Non-Fungible Token)によって「デジタルな一点モノ」が可能になった。これまで値段がつきづらかったデジタルアートにも億を超える額ががつくようになったのは、NFTの功績だ。一方、NFTはデジタルで仮想的なものゆえ、体験価値には課題がある。体験 ... …

2022/01/04

寄付とテック  マイクロドネーションで 若者の利他の気持ちを受けとめる

 世界では事業の中にソーシャルグッド(社会的に良い)な仕組みを入れることが潮流になっている。背景の一つが、Z世代やミレニアル世代の社会課題への意識の高さだ。あらゆる事業において、消費の主役になりつつあるこの世代からの共感は不可欠だ。
 個人寄付領域でも若者の寄付意向は上昇しており、 ... …

2021/08/23

マスプロダクトが売れない時代のD2C - part2 - 〜国内D2Cビジネスや既存企業のD2C転換への示唆

D2C(Direct to Consumer)とは、ブランドが顧客とダイレクトな関係を持つビジネスのスタイルだ。顧客と直接つながることで、「直販」と「ダイレクトなコミュニケーション」が可能になる。本レポートではD2Cにおける2つの点に着目した。
1つ目が「国内のD2Cビジネス全般に ... …

2021/01/25

アート & テクノロジー part2 〜 ARアートの可能性

これまでのアートレポートでも、アートとテックという切り口で市場を見てきた。レポート「アート&テック(2020年3月)」では、テックがもたらしつつある人とお金の流れの変化を、またレポート「アートのDX(2020年6月)」では、アート界がオンライン化でコロナ危機の切り抜けようとする動きをまとめ ... …

Author: 沖 賢太郎
Category: ネットワーク
Areas: 世界  
Tags: アート   AR
2020/10/27

コロナは移住を加速させるか? ~首都圏生活者の移住意向調査

・オフィスという場所に集合せずとも仕事が成立する環境が整いつつある。アンケート調査によって生活者の移住に関する意識変化を明らかにするとともに、移住を促進する要素を探る。
・移住希望者の数に大きな変化は無いが計画段階の人は増えた。
・移住に関心が高いのは20~30代、未就学児 ... …

2020/06/01

アートの世界で急激に進む デジタルトランスフォーメーション

・新型コロナのインパクトにより、アート界でも急激にデジタルトランス フォーメーション(DX)が進み出した。
・閉館やイベント中止を余儀なくされた各国のアートフェア、ギャラリー、 オークション、ミュージアムが急遽オンラインへシフト。
・アートフェア、ギャラリー、オークションは ... …

2020/03/17

アート&テクノロジー テックがアートの人とお金の流れを変え始めている

・テックによってアートにおける人とお金の流れが変わり始めている(写真&SNSでのミュージアム集客、投げ銭、デジタルアートミュージアム、小口投資)。
・さらに人の流れを変えるかもしれないのがXR。ルーブル美術館によるVR活用、ミュージアム向けにARアートを提供するARTIVIVE。ア ... …

2020/01/29

フォルクスワーゲングループとLVMHのブランドポートフォリオ

・「モノ」や「サービス」が溢れる現代においても成功している企業はどのような価値を提供しているのか?ケーススタディとしてそれら企業を紐解くことで、今後重要となり得る提供価値を考える。
・これまで、多くの国内企業は、機能性や利便性という価値軸で競争。しかし今やモノや サービスが飽和する ... …

← Newer Older →