Facebookのトランプ大統領の肩書変更の謎

Digg にシェア
Pocket

Facebookがトランプ大統領の肩書を変更したのはおかしいとの批判が出ているが、真実は謎だ。

トランプ大統領のFacebookページより

トランプ大統領の公式Facebookページで、肩書が「President(大統領)」から「Political Candidate(政治家候補者)」に変更されていることが話題になっている。

大統領選の結果は「バイデン氏当確」の報道が蔓延しているが、まだ最終決定ではなく、しかも今回の結果はどうあろうとも少なくとも来年の1月20日まではトランプ氏が大統領なのだから、今の時点で肩書を変える必要はない。

おそらくFacebookが勝手に変えたのだろうということで、ネットではFacebookへの批判が集まっている。

たしかに、最近のトランプ大統領の投稿に対するソーシャルメディアによる「検閲」の酷さからすると、Facebookの仕業と考える人がいてもおかしくはない。

ただ、本件に関してファクトチェックをしたPolitiFactによれば、肩書の変更をしたのはFacebookではないとの判定だ。この肩書変更が行われたのは数か月前からで、大統領選の結果が報道されたから変更したというわけではない。

さらにFacebookの担当者も、このページの肩書はユーザ自身やページの管理者が決めるもので、Facebookが決めるものではないと述べている。

とすれば、おそらくトランプ大統領自身かそのページを管理しているスタッフが変更した可能性があるが、敗北を認めていないトランプ大統領が自ら肩書を変えるとは考えにくい。

しかも、本件はこれだけ話題になっているのだから、大統領やスタッフの耳にも入っているはずで、速やかに肩書を「大統領」に戻しても良さそうなものだが、いまだに「政治家候補者」のままだ。

果たして誰がどういう理由で変更したのか、なぜ直さないのか、謎だ。