Verizonがヘリコプターを販売

Digg にシェア
Pocket

クリスマスプレゼントにどうぞと、Verizon Wirelessがヘリコプターを販売している。オンラインで購入できる。スマホのアクセサリーコーナーで売っている。ただし、おもちゃだけれど。

Helo TC(Verizon WirelessのWebサイトより)

「Helo TC」。おもちゃにせよ、Verizonが販売するというのが意外だ。しかもスマホのアクセサリーに分類されているのが面白い。iOSやAndroidのスマホやタブレットでコントロールできるからだ。どちらかといえばヘリコプターの方がメインでコントローラの方がアクセサリーではないのか、と突っ込む余地はあるが、固いことは言わないことにする。

このヘリコプターは値段が50ドルと手頃だ。万一、操縦ミスで壊してしまっても、それほど大きな痛手ではない。

これとは別に、Verizonはカメラを搭載した「Parrot AR.Drone 2.0」というヘリコプターも販売している。ローターが4つもある機種だ。これもスマホやタブレットでコントロールできる。カメラは前向きと下向きの2台。前向きのカメラは720ピクセルのHDカメラ。飛行中のライブ映像をスマホやタブレットに送ってくれる。

Parrot AR.Drone 2.0(Verizon WirelessのWebサイトより)

これは実用的だ。空からの映像を撮りたいときに使える。スパイ活動をするときには重宝する。ただ値段が300ドルもするので買うのは勇気がいる。墜落したときの痛手は相当大きい。

この2種類のヘリコプターはVerizonで販売されているからといって、Verizonのスマホでないと使えないというわけではない。キャリアは特に限定されていないようだ。ただし専用のコントローラのようなものはないので、対応するスマホやタブレットがないと飛べない。

だからキャリアが販売する意味がある。このヘリコプターが欲しいがために、対応するスマホやタブレットを買うという人もいるかもしれない。魅力的なアクセサリーを売るということも、スマホやタブレットの販売促進策としては有効なのではないか。

Leave a Reply