Republic Wirelessが未使用データを返金

Digg にシェア
Pocket

MVNOのRepublic Wirelessが、未使用データ分の料金を返金するサービスを計画していると発表した。

Republic WirelessのFacebookページより
Republic WirelessのFacebookページより

Republic WirelessはSprintのネットワークを利用するMVNO。Wi-Fiコーリングをいち早く導入し、Wi-FiのあるところではWi-Fiを優先的に選び、Wi-FiがないところではSprintのセルラー網を使う形でサービスを展開している。

現行の料金プラン(Republic Wirelessのホームページより)
現行の料金プラン(Republic Wirelessのホームページより)

同社は現在、データ無制限を含め4種類の料金プランを用意しているが、Wall Street Journalによれば、返金を導入する際にはデータ無制限は廃止してプランを一本化し、音声とテキストが無制限で月10ドル程度とし、データは必要な分を購入できるようにする見込みだ。ただし詳細はまだ明らかにしていない。

未使用データの返金はGoogleが計画しているMVNOでも提供するらしいとの噂があったばかり。AT&TやT-Mobileは未使用データを繰り越せるサービスを提供しているが、返金は今のところどのキャリアも提供していない。

Republic Wirelessの発表資料によると、未使用データは平均して1顧客あたり月16ドル分、年間で200ドル分にも上るそうだ。これは是非返してもらいたい。

これまで画期的な新施策はT-Mobileがいち早く発表するのが通例だったが、返金に関しては遅れをとったようだ。