Verizonの決算発表で酒呑みゲームをする

Bookmark this on Digg
Pocket

T-Mobileが「Verizonの決算発表で酒呑みゲームをしよう」と言い出した。

1月21日はVerizonの第4四半期決算発表の日。電話会議の模様はインターネットを通じてライブ配信されるので、誰でも聞くことができる。

これまでキャリアが行ってきた退屈な電話会議に辟易しているT-Mobileは、このライブを聞きながら酒飲みゲームをしよう、と「アンキャリア」なことを言い出した。

T-Mobileのニュースリリースより
T-Mobileのニュースリリースより

ゲームのルールはこうだ。Verizonが発表の中で、以下のことをやったら、その都度1杯酒を呑む。

  • 「ミレニアル」か「若者」と言う。
  • 1つの文章中に専門用語を1つも入れない(これはありえないが、と先にネタバラシ)。
  • 1年前のネットワーク速度テストの結果を引用する。

また、以下のことをやったら、その都度2杯酒を呑む。

  • 物や人の「マネタイズ」について話す(通常は、哀れな顧客を搾取する話)。
  • 「go90」を「SugarString」か「Redbox Instant」に例える(どちらも死滅してしまったVerizonのサービス)。
  • T-Mobileのマネをしていることを「リーダーシップ」と言い表す。

さらに、以下のことはVerizonが絶対認めるわけがないが、もし認めたら、そこでゲームは終了だ。

  • 来年中に「Music Freedom」か「Binge On」か「Mobile Without Borders」をマネする。
  • ネットワークの優位性はなくなった(なので、今はわらにもすがる心境)。
  • 「ミレニアル」戦略は中年の危機の所産で、いずれ、無理してカッコつけるのは止める。

果たして結果や如何に。

T-Mobileのジョン・レジャーCEOのTwitterによれば、「ミレニアル」が6回、「マネタイズ」は2回、1年前のネットワーク速度テスト結果が1回、専門用語の入っていない文章は見事に1つもなかった。

筆者のカウントでは「マネタイズ」を3回言っていたような。

酒を呑みながらのカウントではあてにならないが、少なくとも11杯は酒が呑めたはずだ。