調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   エリア : 米国

アプリでもご覧頂けます。
2019/11/20

XRがもたらす新たな現実と可能性(第2回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実用化が難しかったさまざまなアプリやソリューションが提供され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/10/04

XRがもたらす新たな現実と可能性(第1回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実現が困難だったさまざまなアプリやソリューションが実用化され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/08/26

マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)

■目的
D2C(Direct to Consumer)※ において先行する米国市場での課題等を踏まえ、今後の国内D2C市場においても重要となりうるポイントを整理する。
※ オンライン専業かつ直販の事業形態。高品質な商品を低価格で提供 したり、SNSや動画を活用した価 ... …

2019/05/27

米国の映像系サービスの展望(第3回) 〜ストリーミングサービスの動向

米国の映像系サービスに変革の波が押し寄せている。インターネットやモバイルの発展・普及により、新しいサービスが登場し、利用者の視聴形態が変化し、規制環境の変化も相俟って業界の構図がダイナミックに変化している。そのような変化の中で徐々に役割が縮小し存在感が薄くなりつつある従来型の有料TVサービ ... …

2019/04/25

医療に応用されるAI(人工知能)の現状と課題 ー IBM「ワトソン」とディープラーニングを中心に

近年、様々な分野に普及しているAI(人工知能)が、ついに私達の健康や命を預かる「医療」の分野にまで進出しようとしている。既にIBMのAIスパコン「ワトソン」が難病患者の命を救ったり、先端AI「ディープラーニング」が画像診断などで専門医に勝るとも劣らない能力を示しつつある。
こうした ... …

2019/04/18

2018年米国ベンチャー投資総括

2018年は、米国のベンチャー投資は活況であった。といっても、ドットコムバブル当時の「活況」とはかなり様子が異なり、専業ベンチャーキャピタル以外の資金の流入による「ディールの巨大化」と、ベンチャー自身もエグジットせずに「巨大化」する、という、二つの巨大化が特徴となっている。
このた ... …

2019/03/26

米国の映像系サービスの展望(第2回) ーAT&TとVerizonの映像戦略

米国の映像系サービスに変革の波が押し寄せている。インターネットやモバイルの発展・普及により、新しいサービスが登場し、利用者の視聴形態が変化し、規制環境の変化も相俟って業界の構図がダイナミックに変化している。そのような変化の中で徐々に役割が縮小し存在感が薄くなりつつある従来型の有料TVサービ ... …

2019/02/22

米国でブームを迎える「一般消費者向け遺伝子検査サービス(DTC)」の現状と課題

米国で「一般消費者向けの遺伝子検査サービス(DTC: Direct To Consumer)」がブレークし、2017年頃から利用者が急増している。2018年8月時点のユーザー数は約1700万人、つまり米国人の約20人に1人は既にDTCを利用していると見られる。
2006年に設立され ... …

2018/12/25

米国の映像系サービスの展望(第1回) 〜業界の動向とComcastの戦略

米国の映像系サービスに変革の波が押し寄せている。インターネットやモバイルの発展・普及により、新しいサービスが登場し、利用者の視聴形態が変化し、規制環境の変化も相俟って業界の構図がダイナミックに変化している。そのような変化の中で徐々に役割が縮小し存在感が薄くなりつつある従来型の有料TVサービ ... …

2018/10/31

世界を席巻するサブスクリプションビジネス

・本レポートでは、あらゆるものがサブスク化しつつある世界トレンドを俯瞰して把握する。ホットな領域における事例やビジネスモデルの転換に着目し、将来の事業機会を探る。特に、これまでサブスク化が難しかった非デジタル領域に重点を置く。

・サブスクが増えている背景は、事業者視点では ... …

← Newer Older →