調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   エリア : 米国

アプリでもご覧頂けます。
2020/05/27

シェアリングエコノミーの現状と展望(第2回)〜 カーシェアリングはレンタカーを駆逐するか

シェアリングエコノミーの世界的な進展に伴い、所有からシェアへと移行するライフスタイルの変化がさまざまな分野で起こっている。車社会の米国にもシェアリングの波が押し寄せてきた。車のシェアリング形態として、ライドシェアリングは話題性が高く、庶民の足として欠かせない存在になっており、成長性も有望視 ... …

2020/05/22

牛肉王国アメリカで台頭する「ミートレス」

アメリカで代替肉が人気上昇中である。この分野は、「フードテック」と呼ばれることが多いが、畜産という環境への負荷を減らすことが主な目的であり、広い意味での「クリーン・テック」であるとも言える。
マス市場のアメリカ人の嗜好に合わせた、通常の肉に近い味のプロダクトが提供されるようになり、 ... …

2020/04/28

5Gネットワークの構築で揺れる欧州諸国 ― ファーウェイを巡る米中覇権争いの狭間で ―

次世代モバイル通信規格「5G」によるネットワークの構築を巡り、米国と欧州の間に亀裂が走っている。
基本的には、コスト・パフォーマンスに優れたファーウェイ製品を採用したい欧州諸国のキャリア(通信事業者)。これに対し、今後の世界で中国のハイテク覇権を阻止したい米国は各国政府を通じてファ ... …

2020/04/27

シェアリングエコノミーの現状と展望(第1回)〜 サンフランシスコのカーシェアリング事情

シェアリングエコノミーの世界的な進展に伴い、所有からシェアへと移行するライフスタイルの変化がさまざまな分野で起こっている。車社会の米国にもシェアリングの波が押し寄せてきた。車のシェアリング形態として、ライドシェアリングは話題性が高く、庶民の足として欠かせない存在になっており、成長性も有望視 ... …

2020/02/13

医療サービスとの連携を進める米国BIG4

1 本報告書の目的
本報告書では、Apple、Google、Amazon、Microsoft(以下、BIG4)の健康・医療サービスへの取組み事例及び厚生労働省の中長期施策であるデータヘルス改革の取組みなどを紹介し、健康・医療サービス参入に関する事業機会を探る。

... …

2019/11/20

XRがもたらす新たな現実と可能性(第2回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実用化が難しかったさまざまなアプリやソリューションが提供され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/10/04

XRがもたらす新たな現実と可能性(第1回)

XR市場が盛り上がっている。過去に少なくとも2回は盛り上がりそうになって失速していた。今回の盛り上がり様は今までとは少し違う。5Gの開始により、これまで実現が困難だったさまざまなアプリやソリューションが実用化され、現実の生活やビジネスの中で活用される可能性が見えてきたからだ。さらにXRがw ... …

Author: 高橋 陽一
Category: 市場分析 プラットフォーム
Areas: 米国  
Tags: XR  
2019/08/26

マスプロダクトがヒットしない時代のD2C (Direct to Consumer)

■目的
D2C(Direct to Consumer)※ において先行する米国市場での課題等を踏まえ、今後の国内D2C市場においても重要となりうるポイントを整理する。
※ オンライン専業かつ直販の事業形態。高品質な商品を低価格で提供 したり、SNSや動画を活用した価 ... …

2019/05/27

米国の映像系サービスの展望(第3回) 〜ストリーミングサービスの動向

米国の映像系サービスに変革の波が押し寄せている。インターネットやモバイルの発展・普及により、新しいサービスが登場し、利用者の視聴形態が変化し、規制環境の変化も相俟って業界の構図がダイナミックに変化している。そのような変化の中で徐々に役割が縮小し存在感が薄くなりつつある従来型の有料TVサービ ... …

2019/04/25

医療に応用されるAI(人工知能)の現状と課題 ー IBM「ワトソン」とディープラーニングを中心に

近年、様々な分野に普及しているAI(人工知能)が、ついに私達の健康や命を預かる「医療」の分野にまで進出しようとしている。既にIBMのAIスパコン「ワトソン」が難病患者の命を救ったり、先端AI「ディープラーニング」が画像診断などで専門医に勝るとも劣らない能力を示しつつある。
こうした ... …

← Newer Older →