調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   タグ : Vodafone

アプリでもご覧頂けます。
2006/08/10

世界のFMC動向シリーズ No.2 (ドイツ) ~Deutsche TelekomとVodafoneのサービスを中心に~

ドイツでは、ほとんどの携帯電話事業者が「ホームゾーン」と呼ばれるエリア内の携帯電話料金を固定電話並みの安さとしたサービスを提供しており、このサービスによって、固定電話トラヒックの取り込みを狙っている。 …

2005/09/29

国際ローミングサービスの動向

既に生活必需品となって久しい携帯電話であるが、国内での生活のみならず、海外出張や海外旅行時にも持参する人々が増えている。日本の携帯電話事業者による国際ローミングサービスについては、2000年4月に開始 …

2005/01/30

アジアCDMA採用国への外国モバイルキャリア参入状況

第2世代携帯電話(2G)においては、ヨーロッパで研究・開発されたGSMが世界を席捲し、グローバルスタンダードとしての地位を確立した。アジア地域もその例にもれず、日本と韓国を除き、ほとんどの国においてG …

2005/01/30

モバイルキャリア動向 Vol.7 オーストラリア・ニュージーランドの携帯事業者動向

オーストラリアとニュージーランドではいずれも2001年に3G免許が発給された。その時に免許を取得した事業者の大半が2005年中に3Gを開業する動きを見せている。既にオーストラリアのHutchisonは …

2004/12/30

主要モバイルキャリアの海外進出動向

世界的な移動通信市場の発展とともに、モバイルキャリアの海外進出もさかんに行なわれるようになってきている。しかし、海外進出先および進出形態については、地理的側面、歴史的経緯、採用通信方式などにより、事業 …

2004/11/29

英国有効競争レビューシリーズ No.8 ~移動体音声通話着信サービスの卸売市場~ (the markets for wholesale mobile voice call termination services)

2004年6月1日、英国の規制当局であるOfcomは、「移動体音声通話着信サービスの卸売市場」の有効競争レビューに関する声明を発表した。この結果、Vodafoneなど大手携帯電話会社4社は、移動体への …

Author: 川井 康
Category: 制度研究
Areas: 英国  
Tags: Ofcom   欧州委員会
Vodafone   O2
Orange   T-Mobile
← Newer Older →