調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : 市場分析

アプリでもご覧頂けます。
2021/01/20

2021年の韓国通信業界の展望

サマリー
●情報通信政策
 ・周波数再割当:2021年中に310MHz幅を再割当て。最大3兆7,700億₩の割当額(5G基地局の構築数に応じて割引)
 ・政府は「2021年デジタルニューディール実行計画」を発表、デジタルニューディール政策に7.6兆₩を投入 デジタル ... …

2021/01/20

2021年の中国通信業界の展望

サマリー
●情報通信政策(第14次五カ年計画)
 ・第14次五カ年計画が2021年3月開催の全人代で発表され、より具体化された通信政策が2021年末頃に発表される見通し 第14次計画では“次世代情報技術”が重点支援産業となり“5Gの応用、IoT、自動運転、半導体”が重点分野 ... …

2021/01/20

2021年の欧州通信業界の展望

サマリー
●情報通信政策全般
 ・EECCは、2020年12月21日が国内法化期限だが、新型コロナ影響もあり遅延。多数の加盟国にて2021年に持ち越し。
 ・EECCにより各国でブロードバンドユニバーサルサービスが導入され、特にルーラルのギガビット網展開が促進される ... …

2021/01/20

2021年の米国通信業界の展望

サマリー
●バイデン新政権の情報通信政策
・バイデン新政権は、「ユニバーサルブロードバンド」を優先課題の一つに掲げているが、具体的施策は未定。
 ・大手プラットフォーム(GAFA)への規制圧力はさらに高まる。Google、Facebookに対する反トラスト (独占禁 ... …

2020/11/12

新型コロナ禍における中国小売業のDXトレンド 〜 新型コロナ禍で加速する中国小売業DX 〜

新型コロナウィルス感染拡大により、米中を中心に小売業DX(デジタルトランスフォーメーション)が急速に進んでいる。本レポートではアリババ、テンセント、京東の小売業DX戦略を中心に、中国のRetail as a service(RaaS)の動向を紹介する。中国のRaaS戦略は、アリババ、テンセ ... …

2020/08/24

スマートシティにおける資金調達手法

スマートシティの開発類型は既存都市の再生から新規開発まで多岐にわたり、そこで提供されるサービス内容も都市経営の全般を含んでいる。このような都市開発事業は大規模な資金を投入する一方、資金の回収は長期にわたるため初期の資金調達は大きな課題である。最近は、政府による補助金、支援金などの公的資金に ... …

2020/08/19

世界の5G競争における米国の現状と課題

5Gの熱き戦いが始まった。通信キャリア、端末メーカー、通信機器メーカー、半導体メーカー等による競争・協力が、グローバルな舞台で繰り広げられている。加えて、米国と中国の「5G戦争」とも言うべき戦いも激しさを増しており、事業者間の競争・協力関係に影響を与えている。
5Gは各国の重要イン ... …

2020/06/04

子育て女性の就労に関する調査

国内の人口動態の変化に伴い、今後起こり得る労働力不足解消の一策として、子育て期の女性の就労率向上が期待されている。
本レポートでは、子育て女性(20-54歳)を対象に実施したWEBアンケート調査結果をもとに、就労継続や離職後の再就労における障壁を探り、支援の方向性について考察する。 ... …

2020/06/01

アートの世界で急激に進む デジタルトランスフォーメーション

・新型コロナのインパクトにより、アート界でも急激にデジタルトランス フォーメーション(DX)が進み出した。
・閉館やイベント中止を余儀なくされた各国のアートフェア、ギャラリー、 オークション、ミュージアムが急遽オンラインへシフト。
・アートフェア、ギャラリー、オークションは ... …

← Newer Older →