調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : 市場分析

アプリでもご覧頂けます。
2019/04/17

自動車EC ~シェアリングだけではない、車の買い方・使い方~

自動車を購入せずに使う方法として、カーシェアなどのインターネットを活用したサービスが注目を集める中、自動車を購入する方法についてもオンライン化が始まっている。国内の自動車関連のEC市場は2017年に2,192億円となった。現在のところ市場規模の多くは車両の販売ではなく、カー用品などの販売と ... …

Author: 牛山 聡
Category: 市場分析 サービス
Areas: 日本  
Tags: 自動車   EC
2019/02/22

米国でブームを迎える「一般消費者向け遺伝子検査サービス(DTC)」の現状と課題

米国で「一般消費者向けの遺伝子検査サービス(DTC: Direct To Consumer)」がブレークし、2017年頃から利用者が急増している。2018年8月時点のユーザー数は約1700万人、つまり米国人の約20人に1人は既にDTCを利用していると見られる。
2006年に設立され ... …

2018/12/25

米国の映像系サービスの展望(第1回) 〜業界の動向とComcastの戦略

米国の映像系サービスに変革の波が押し寄せている。インターネットやモバイルの発展・普及により、新しいサービスが登場し、利用者の視聴形態が変化し、規制環境の変化も相俟って業界の構図がダイナミックに変化している。そのような変化の中で徐々に役割が縮小し存在感が薄くなりつつある従来型の有料TVサービ ... …

2018/10/31

世界を席巻するサブスクリプションビジネス

・本レポートでは、あらゆるものがサブスク化しつつある世界トレンドを俯瞰して把握する。ホットな領域における事例やビジネスモデルの転換に着目し、将来の事業機会を探る。特に、これまでサブスク化が難しかった非デジタル領域に重点を置く。

・サブスクが増えている背景は、事業者視点では ... …

2018/10/16

SFベイエリアのバイクシェアリング事情

モバイルアプリを使って自転車を簡単・便利に短時間借りられるバイクシェアリングが米国で急速に広まっている。利用者にとっては交通手段の「ラストマイル」として安くて便利なオプションが追加され、利便性が向上しているが、損壊・放置等の迷惑行為、近隣住民の反発、収益性・持続可能性などの問題も顕在化して ... …

2018/07/30

スマホアプリから全事業へ簡単アクセス 「中国総合フィンテック」モデルの事例研究

大手国際会計事務所であるKPMGが公表した「The Fintech 100 2017 Announcing the world's leading fintech innovators」によれば、中国フィンテック企業がトップ3を独占し中国フィンテック企業の躍進が目を引く。トップ10のうち半 ... …

Author: 菊谷 信宏
Category: 市場分析
Areas: 中国  
Tags: フィンテック  
2017/07/03

ITと新しい小売業の姿の模索 -ITにより価値を分離して組みかえ、新しいサービスを生み出す試み

最新のオンライン・ファッションレンタルサービスと、そのリアル店舗展開の体験から、最近の小売店舗における「販売とサービス」の分離について考察する。このような新興サービスを支えるのは、倉庫とトラック輸送を組み合わせたロジスティクスのインフラである。一方で、日本でも問題になっているトラック・ドラ ... …

2016/11/30

運転支援から自動運転へ  -Tesla事故から考える「ヒトとクルマの本来の関係」-

米Tesla Motorsの半自動運転機能「Autopilot」が今年5月に引き起こしたドライバー死亡事故は、世界的に進む自動運転技術の開発に再検討を迫っている。欧米の自動車メーカーの中には、Tesla Autopilotのような「半自動運転」からGoogleが目指しているような「完全自動 ... …

2016/10/28

スマートホームの主導権争い(第2回) ~Amazonはなぜ一歩リードしたか~

スマートホームの主導権争いはAppleとGoogleが有望と見られ、どんな戦いを見せてくれるのかと期待されていたが、両社がもたついている間にAmazonがEchoを引っ提げて突如参入し、単独リードしてしまった形となった。
本レポートは2回にわたりスマートホーム(特にホームオートメー ... …

2016/09/15

スマートホームの主導権争い(第1回) 〜 GoogleとAppleはなぜもたついたか 〜 

スマートホームの主導権争いはAppleとGoogleが有望と見られ、どんな戦いを見せてくれるのかと期待されていたが、両社がもたついている間にAmazonがEchoを引っ提げて突如参入し、単独リードしてしまった形となった。
本レポートは2回にわたりスマートホーム(特にホームオートメー ... …

← Newer Older →