調査レポート R&A

全件表示 レポート検索   |   カテゴリ : コンテンツメディア分野

アプリでもご覧頂けます。
2007/02/12

音楽コミュニティ・サイト――アマチュアとプロの中間領域に生まれたコンテンツのビジネス可能性

プロを目指す若手アーティストの音楽を聴いて、応援するコミュニティ・サイトに注目した。こうしたサイトは音楽を無料でダウンロードできる上、次世代の新人を発掘する場でもある。最大手の「muzie」では、1万 …

2007/01/21

多機能化し、携帯電話機とも競合する携帯音楽プレイヤーと音楽配信

ファッショナブルな小型筺体に、数千曲もの音楽を保存できる携帯音楽プレイヤー。昨年の出荷台数(国内)は前年比3倍の約600万台と、爆発的な成長を遂げた。 これと共に、インターネット音楽配信の市場も急拡大 …

2007/01/11

インターネット上のビデオ関連ビジネス

今やすっかり定着した音楽配信に続いて、ビデオがインターネット・ビジネスの主戦場になりつつある。ディズニーやヴィアコムなど、世界的なメディア・コングロマリットが、これまで出し渋ってきた映画やテレビ番組な …

2006/12/21

災害時の安否確認システムの実用性について

通信事業者や自治体は、阪神・淡路大震災以降、様々な安否確認システムを開発・導入してきた。これらの導入されたシステムは提供者が当初期待した役割を十分に果たしているのか。改善する余地はないのか。大規模災害 …

2006/11/09

Web2.0/クラウド・コンピューティングと通信インフラ

Web2.0は、ほぼ10年周期で変動するテレコム景気循環のうち、2005年からの好況フェーズの変換点であった。米国を中心として、世界的に「クラウド・コンピューティング」方式と「スケーラビリティ」という …

2006/09/21

韓国のケータイゲーム事情 ~GPANG(KTF)とGXG(SKT)

韓国のKTFとSKTは“次世代ケータイゲーム”といった位置付けのゲームサービスを昨年より開始している。特に、SKTは国内のゲームショウに自社のケータイゲームサービスを出展するなど、サービスの露出を強化 …

2006/09/07

米欧における交通渋滞予測のための携帯プローブ利用の動き

カーナビに対するユーザニーズのうち、渋滞状況を反映したルート案内に対するニーズが高いが、従来のような道路上に設置した感知器からの渋滞情報に基づくルート案内システムは、感知器の設置コストの点などから設置 …

2005/02/27

「韓流」にみる韓国のコンテンツ振興政策

日本のエンターテインメント業界は現在、「韓流(ハンリュウ)」に押されており、その勢いは2005年に入っても衰えていない。「韓流」とは、韓国製の映画やテレビドラマの流行を指し、香港や台湾などの中国圏で生 …

2005/01/30

オンラインニュースサイトの新たな試み

ルーマニアの新聞社(Adevarul)は、インターネットによる記事の配信と同時に、その記事に対する意見を自由に投稿・閲覧できる掲示板機能を併せもったサイトの運営を開始した。このトピックスを発端に、イン …

2004/03/30

車載型カーナビゲーションに匹敵する携帯電話・PDA のナビシステム

日本で1990 年代初めに、一部高級車の標準装備として立ち上がったカーナビゲーションシステム市場は、順調に拡大し、現在では多くの乗用車に搭載されるようになってきた。西欧でも日本に続く市場として着実に販 …

← Newer Older →